27日の相場も、主力株が全面的に売られた。ただ、小型株の一角には高いものも多かった。不動テトラ、ハザマなど建設株の値上がりも目立った。2部、JQ、マザーズはプラスだった。特にマザーズ指数は4.8%の急騰で、昨年来高値を更新した。パイプドビッツがストップ高、SBIライフも急騰、UNMファーマなどのバイオ関連株も大幅高したためである。

当道場銘柄はFPG(推)が急伸したほか、最近、銘柄名だけ挙げたあいホールディングス(815△43)、エストラスト(2439△259)も大幅高となった。穴吹興産も終値としては高値更新(引け後1対2の株式分割発表)、サンセイランディックは戻り高値を更新した。
ただ、動きの悪い銘柄は、やはり思わしくなく、MARUWA(推)は歯止め無く下げ続けた。TPRも急落、100分割を前日発表したキトーもわずかな上げにとどまった。
こうまで、動きのいい銘柄に人気が偏るのを見せつけられると、多少、考えを修正した方がいいかもと考えなくもない。こうした銘柄を2単位以上お持ちの方は、一部は、動きのいい銘柄にチェンジするのも、一つの行き方だろう。えてして、そういう決断をしたときが、底値になるわけだが、一部だけの処分なら、それもいいだろう。

クリヤマ(推)が920△71と、突如急伸した。どうして上げたのか判然としないが、こういう分かり難い相場が、今の相場だとも言える。
この意味で、出来るだけ、保有銘柄を多くして、ものになりそうとなったら、株数を増やすというやり方が、有効だろう。もちろん、運用額によっては、これが難しいだろうが、それでも1、2銘柄を決め打ちといったやり方は、避けたい。
私は、あいHD、エストラスト、メディパル、SFoods、アクトコールなどを、この観点から、最近買っている。エストラストは離陸したようだ。

2月28日 0時40分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1305-3e5952d4