FC2ブログ
私は、多くのことで人と違う見解になる。そしてそうした見解を発言すると、どういう反応が返ってくるか。
大体、次の2つである。

一つは、そう言えばまあそうだな。

これは、言われてみて初めて分かった、気付いたのだが、言われれば自分でも理解できるので、大した感動も無く、小生への尊敬や感心・感服はないわけである。尊敬や感心してもらわなくてよいが、自分では気付けなかったんだから、多少は驚けよと言いたい。

もう一つは、変な見方をするやつだな。

これは、よくは分からんが、常識と違うのでスルーするわけである。当然、驚きも感動もない。

一例を挙げよう。
2008年問題というのが2005年くらいから盛んに言われた。団塊の世代が定年の60歳を迎えるので、大量退職が始まり、大変なことになる、というわけだ。これに対し、私は、そんなことは無いと、繰り返し言い、周りの人にも言うのだが、賛同者はいない。日本人は、退職しても、何をしていいか分からず、会社にとどまりたがる人が多いだろう、また企業にしても、一気にベテランがいなくなっても困る面もあるから、定年延長なり、特別な制度を設けるなりして、激変を避けるだろうから、2008年問題は起きないはずと、読んだのである。
結果は昨日?の日経にもあったが、2008年問題は起きなかったのである。日経は当時、大騒ぎした方だが、ほっかむりしているのは、言うまでもない。

以上は、実は前書きに過ぎない。

前稿で、私はショーエイの業績見通しについて多くの言葉を費やして、四季報見通しは間違いの可能性が高いということを、立証した(つもりである)。これに気付いたことは、大変なことであり、こうした積み重ねで、株式投資では、多大の成果を挙げることができるわけである。

しかるに、読者の反応は今一つだった。拍手はわずかに6。
私はさもしく拍手を要求しているのではない(そうとる方がいてもやむをえませぬが・・・)。
あの稿を読んで、オー!!そうだったのか!、では、ショーエイは、こんな株価のわけはない。このように、感動し、驚き、株価上昇に確信を持つ・持てることが重要なのである。

ショーエイ 289△29 (JQ値上がり率11位)

1月21日 15時57分記

ちょっと嫌味な文章になった気もしますが、愛のムチだとお許しください。

Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1255-df7996ba