FC2ブログランキング、急上昇中。まずは、感謝の気持ちを申し述べさせていただきます。

しかし、すごい雪ですな。今年は、どこまで伸びるか見てみようと、剪定しなかったミモザ(フサアカシヤ)の枝が、雪の重みで大きくお辞儀をして隣のクスの木にもたれかかっている。まあしかし、朝起きたら屋根に雪が1mも積もっていたというような少年時代だったわけですが。高校入学時は、初めての登校のとき、スコップ持参、雪下ろしに動員されたことを、思い出しました。

さて、お待たせしたが、以下、出遅れ超割安株についてである。

ケンコーマヨネーズ(推)、TPR(推)、タカトリ(推)、センコーなどは、すでに取り上げたことがあるが、なお割安で狙っていいので、あえて挙げておく。
加えて、滝沢鉄工、高松機械、穴吹興産。

次に、これら銘柄について、少し詳しく、推奨の根拠等を書く。ケンコーマヨ、タカトリは、これまでの記事を見てもらうことにして省略。

6463 TPR(東証1部) 1153▼12(1.11終値、以下同)
円相場がオーストラリア市場で1ドル89円台をマーク、今後90円台乗せもありそうな状況だ。となると、やはり輸出関連銘柄をポートフォリオで、それなりのウェイトにしておきたい。こうした観点から、輸出関連で、これから買ってリスクが小さく、上値も高そうという基準で、厳選すると、浮かびあがるのがTPRだ。樹脂部品会社を子会社化したためとは言え、今期も増益、来期は15%の増益が予想される。2008.03月期では、売り上げはピストンリング首位のリケンの6割強だったが、今期は逆にリケンの2倍弱になる。一方、来期予想実質PERはリケン9.0倍に対しTPR5.9倍。
いつになるかはともかく、1491円の昨年来高値更新の可能性も十分あるとみる。日々の、そして1日の振幅が大きいので、買い方に気をつけたい。

9069 センコー(東証1部) 419▼3
同業の日通、丸全昭和運輸、丸運等が、軒並み数年前と比べ売り上げを減らしている中、センコーは2008.03月期2029億円に対し2014.03月期予想は3200億円だ。ちなみに大和HDは12260億円に対し13300億円。
センコーは積極的なM&Aも交え同業他社と一線を画す急成長を続けているのである。にもかかわらず、これに気付く人はほとんど無く、超低PERに放置されている。来期予想実質PERは8.0倍。日通は13.8倍、ヤマトは14.3倍。
宅配便で、ヤマトは急成長、足元にも及ばなかった日通を追い上げ、いまや売り上げこそまだ及ばないが、時価総額や利益では圧倒する。今、成長初期のヤマトを彷彿させるのがセンコーだ。四季報に「14年3月期は流通でアパレルや通販の貢献拡大」とあるが、近年のネット通販の急成長の恩恵を最も受ける企業の1社と、私はみている。

6121 滝沢鉄工所(東証2部) 121▼1
昨年12月半ば以降くらいから、次々低位株が急騰している。しかし中途半端な株価位置がいけなかったのか、たいして上げず、割安が目立ってきた銘柄群がある。その代表が岡本工作所や滝沢鉄工所だ。
OKK(推)も、ここに来てまた急騰、来期予想実質PERは13.7倍に達した。一方、岡本は8.4倍、滝沢は6.6倍に過ぎない。東証1部と2部の違いはあるが、売り上げ高は大差ないことでもあり、これだけPERに差がある合理的理由はない。

6155 高松機械工業(東証2部) 507△2
工作機械メーカーには、好財務内容で高収益を誇る企業が結構ある。別格のファナックのほか、太陽工機、富士機械製造などである。高松機械もそうである。各社の来期予想実質PERは
ファナック23.7倍、太陽工機10.3倍、そして高松機械6.0倍。
今来期とも大幅増益予想だが、来期初には本社工場の増築で生産能力が2割増となる。同社の明るい展望と自信を示すものだろう。
注=富士機械製造のPERも入れる予定だったが、今計算したら5.9倍。都合が悪いのでやめたと思われるのはいやなのであえてここに明示。ただ来期経常利益を前期比80%増とみる四季報予想が市場で信用されていないのが、この低PERの原因とみる。

8928 穴吹興産(大証1部) 321▼2
不動産株で、ついこの間まで最も低PERだったのは、和田興産(推)である。だからこそ私は推奨した。長らくお待たせしてしまったが、同社株は昨年末急騰、PERも上昇した。この結果、来期予想実質PERで和田興産にかわって最も低PERになったのが穴吹興産というわけだ。
和田興産4.8倍、穴吹興産4.3倍。なお東証1部で最も低PERなのがグランディハウスで5.5倍(推奨時は5倍そこそこだった)
低PERに加え、穴吹興産には、株式分割(100分割か)ないし単元株引き下げを行う可能性が高い(四季報参照)という材料もある。

いずれも推奨株にしたいところだが、アクセス数増でもあり、高く寄り付くのを避ける意味で、あえて推奨株にはしない。

1月14日 15時45分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1248-5cd67ef2