FC2ブログ
クリヤマ(推)は大商いで658△28。
四季報には「13年12月期も北米樹脂ホースが油田掘削機向け需要を設備増強で取り込む。」とある。「油田掘削機」云々の記述は2012年3集(夏号)からある。そのときから多少気にはなっていたのだが、クリヤマの業績が、そう良いわけでもない(当時)こともあって、突っ込んで調べることはしないで来た。
ところが、今号で、業績(経常利益)について前号で上方修正したわけだが、それをさらに上方修正してきた。折りしもの円安も、追い風だ。

というわけで、この油田掘削機向けのホースについて、調べることにした。油田といっても、いまや、アメリカで、伝統的な油田開発が活況などということはあるまい。これは、例のシェールオイルの油田のことだろう。そう思ってクリヤマのHPや決算短信等を調べるが、どこにも、シェールオイルなどという言葉は見当たらない。
ただ「北米産業用ホース」として飲料用ホースがある。

> 数本の飲料用ホースを束ねて一体化した特殊商品です。ぺプシコーラ、コカコーラの両社でも認定されている飲料搬送用ホースの王様です。

とある。なるほど、こういうところにも、クリヤマのホースは使われているのだ。コーラを吸引してどこかに移すとかに使うのだろうが、シェールオイルでも、同様なことが行われているのだろうと推測。しかし、事実を確かめねばならない。
というわけで、会社に連絡。担当の方からメールで回答をいただいた。以下は、その要旨。

シェールオイルの掘削では、大量の水を使用するわけだが、その汲排水用ホースや掘削用ホース等を、クリヤマでは販売している。売り上げ高については、大半を代理店を通じて販売しているため把握していない。天然ガス価格の下落でかつてほどの活況ではないようだが、シェールオイルの埋蔵量は潤沢なので、次年度以降、活況を取り戻し、北米ホース製品の需要も増えていくものと期待している。

シェールオイル革命と言われるくらいで、アメリカの産油量は現在、激増中だ。激増分は、ほとんど全てシェールオイルなのは言うまでもない。あまりに急激な増加で、天然ガス価格の下落という副作用も出ているわけだが、そういう超短期のことは、そう気にしなくてよかろう。今後、一段とシェールオイルの開発が、全国規模で進むことが確実だからだ。早晩、アメリカは世界一の産油国になり、原油輸出国になるだろうとさえ言われているのは、周知の事実である。となれば、北米事業の売り上げ比率が42%もあり、そのなかでも急成長中の関連用途に使われるホースを手がけるクリヤマには、大きなビジネスチャンスである。今後かなりの長期にわたる成長が約束されたようなものだろう。

なお、現在、日本の上場企業で、シェールオイル関連企業というと、少なくとも株価に影響するくらいの企業では、クリヤマ以外は巴工業(北米油田向け遠心分離機を手がける)くらいなものだろう。中国で苦戦しているので投資妙味はさほど大きくないが、それでも、四季報には「北米向け遠心分離機が一段増。」「北米油田向け遠心分離機は今期170台(前期140台)受注狙う。」とあり、オイルシェール向けが好調なことが分かる。

業績が、今期伸び悩む巴工業と違い、クリヤマは、会社予想を上回る好業績が必至である。円安の追い風も加わって上方修正期待が一段と高まっているわけだが、加えて、北米シェールオイル関連の本命企業として、PER5倍台の時価は居所が違う。

円安で業績がどれくらい上ぶれそうかという分析は、次回に譲る。

【トラストパークの妥当理論株価】
発行済み株式数の4.48%の自社株買いを発表。これによる株式数減少で、妥当理論株価は35609円(18日終値は33900円)になる。

12月19日 1時14分記







Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1216-efedf7b7