2012.12.11 オンワード
8016 オンワードホールディングス(東証1部)
株価=640△10(12月10日終値)
出来高=548000株(12月10日)(売買単位=1000株)
5月16日 552円~678円=3月29日(年初来高値・安値、月日)
自信度=☆☆☆
推奨度合い=☆☆

同社の業績は近年、やや意外なくらい急回復している。経常利益は2012.2月期133.29億円が2013.2月期は154億円(会社予想)、161億円(四季報予想)と、大幅増益になる見込みだ。2014.2月期は196億円と四季報は予想している。来期ベースの1株利益は44.6円、実質では74.9円。

前稿でも書いたように、日証金の貸借倍率は0.2倍前後の株不足状態で11.28日以降は、12.06日を除き連日0.05円の逆日歩がついている。
PERは来期予想で、名目14.3倍、実質8.5倍。名目はともかく実質では超割安。
PBRは0.65倍に過ぎない。
24円配当であるが2月末一括なので、3.75%の利回りは魅力的で、徐々に配当狙いの買いが期待できよう。なお、株主優待で1000株で3000円相当の自社グループ製品が来るので、これを加味した利回りは4.22%(1000株株主の場合)。

年初来高値が678円で、時価からは38円。これの更新は9割以上の確率であるとみる。

前回の推奨からあまり経過しておらず、また売買単位が1000株単位なので、やや買いにくい。推奨度合いが☆☆☆でなく☆☆なのは、このためだ。しかし、そういう事情を除けば、☆☆☆である。

諸諸の条件を考察すると、上昇率はともかくある程度上昇するのは非常に高い確率で保証されたようなものだろう。というわけで、あえて、今強く推奨するのである。
私は10日、635円指し値をして1000株購入、その後、後場になっても底堅い動きだったので637円で1000株購入。640円と買値を上回って引けた(こういう場合、その後順調に上昇することが多い)ので、11日はあと数千株買う予定だ。

10日の相場は、読み通り主力株は弱含みだったが中小型株は値上がりするものがやや多かった。
OKK(推)が相変わらず上げ悶えているが、ここからは下ではなく上と確信させる動きだった。
住友ゴムは、ここから面白そうだ。
FPG(推)は、一息入れただけのことで、弱気になる必要はない。
SMSは6連騰。年初来高値更新のめも出て来た。
和田興産(推)も、この株にしては驚きの5連騰。
私が苦労してきたジューテックが397△20。

12月11日 1時05分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1206-3aacc280