5日の相場も小動きだった。前日の逆で、日経平均は小幅高だったがTOPIXはわずかにマイナスだった。ただ、騰落銘柄数では値上がりが多く、規模別株価指数は大型のみマイナス、単純平均はプラスというのは、前日と同じ。つまり、主力の大型株には安いものも多かったが、中小型株には高いものが多かった。中国・上海総合指数が3%近い大幅高だったのが支援材料だった。

当道場銘柄は、おおむね堅調だった。

SFoods、柿安、ケンコーマヨネーズ(推)は、そろって値上がりした。
SFoodsは11.29日に付けた年初来高値を更新、柿安も1115△13の高値引けで連日の年初来高値更新だった。両銘柄ともじわじわと、きれいなチャートを描いて上昇しており、なお、しばらく、この傾向は続こう。私は柿安、引き続き1110円前後を、そこそこ買った。
ケンコーマヨは、もみ合いが続くが、上っ放れるのか、はっきりしない。リソー教育は6750円まであって6720△120と急伸している。ケンコーマヨも、このもみ合いの後が大きい可能性もある。私はピーク時の3割ほどを持続。

「3000円乗せから、面白いのではないか。」とした東急コミュニティーは3040△52。なお上げそうだ。

タイヤ・ゴム関連は、前日の逆で、ブリヂストンのみ下げ、住友ゴム、フコクは上げた。まあしかし、いずれも強気でよかろう。

FPG(推)は前日終値近辺での小動きだったが、引けは1067△2。果報は寝て待てか。

OKK(推)は104△1。一気に5円高位してほしいものだが、そうは問屋が卸さない。

かなり以前に取り上げた銘柄も含め、ここ、当道場で挙げたマイナーな銘柄で上げるものが目立つ。CDSは178800円まであって173000△15400、もちろん、年初来高値更新。ジューテックが385△5。パラカ100800△1500。久世も出直り基調を強め598△11。SBIライフは144000△8000。エス・エム・エス169700△3700。小型株人気の中で、割安さが見直されてきているのだろうか。なれば、ここ下げっ放しのカワタもそろそろではと考え、私は327円に1000株買いを入れてみた。即売りが出て約定。

12月06日 0時20分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1201-ab1b258d