30日の相場は、小高く寄って、一進一退の動きだったが、次第に弱含み、後場後半、日銀による金融緩和が発表されると、急落、結局日経平均は安値引け(下落率1%弱)だった。主力株は東京海上、三井不動産、日産、コマツ、新日鉄住金など、ほぼ全面安だった。ツクイ、わらべや日洋、スタートトゥデイ、大黒天物産などは上げた。

こうした中、当道場銘柄は、堅調なものも多かった。急伸したケンコーマヨネーズ(推)のほか、ソフトクリエイト(推)、リソー教育、セントケア、ケアサービス、ヒューマンHD、パラカ、和田興産(推)、ユニマットそよ風(推)などが上げた。わずかに東急コミュ二ティー、ケア21、チャームケア、鈴与などが下げた。

ケンコーマヨは大幅上方修正にもかかわらず、わずか7円高で寄り付いた。これは前日来ある750円どころの16500株?だったかの大量の売り物のせいと思われる。私は寄り付きの755円でわずかだが買った。資金枠が乏しかったとは言え、もっと思い切ってそれなりの株数を買う決断が出来なかったのが、悔しい。この16500株?の売りを出した人は、前日の上方修正を知らなかったのではないかと、私は推測する。寄り付いた後はじりじり上げ幅を拡大、結局800△53の高値引け。東証1部値上がり率9位。前回書いたようなシナリオは、やや難しくなったかもしれないが、それでも、800円という株価は、評価不足。もう少し売らずに今後の推移を見守りたい。

リソー教育が終始堅調で5950円まであって5910△20。ここからどう動くのか、判断は、やや難しい。私は、ここで持ち株の3割近くを売った。次なる銘柄用の資金作りでもある。

介護・老人ホーム関連は、相変わらず、セントケア、ヒューマンHDが強く、チャームケア、ロングライフが弱い。強い方に乗るのが上策だろう。ユニそよ風は3日ぶりに反発した。日証金の取り組みはなお改善中で、貸借倍率は、ついに1倍台に突入した。微妙なところではあるが、強気で行ってみたい。

「 新四季報から有望株をピックアップ」(9.17付け) で取り上げたネクストジェンが78900△10000でJQ値上がり率2位。チャートを見てみると勉強になろう。こういう長らく無相場の場合、どこかで吹き上げることがままある。「全銘柄保有エネルギー一定の法則」により、たまっていたエネルギーが噴出するのだろう。

鈴与シンワートが引け後決算を発表した。減額修正の怖れは小さいとみていたのだが、予想に反して減額修正となった。不明を恥じる。今期予想経常利益が4.01億円から3.45億円に減額された。それでも前期が3.11億円なので、1割強の増益ではある。それでも、ある程度の下げは覚悟せざるを得ないだろう。

東急コミュニティーが12時30分に決算発表。9月中間期は上方修正、通期は実質据え置き。株価は期待が高すぎたのか、発表後、むしろ下げた。ただ、今後プラスに作用するのではないか。

コメ兵が引け後決算を発表。9月中間期、かなりの上方修正。株価は、なお底値圏にあるので、ここは狙って面白いのではないか。

11月01日はソフトクリエイトの決算発表。

朝方発表の鉱工業生産指数が3ヵ月連続の下落となった。日本経済の先行きは視界がいよいよ不良になってきている。こういう状況では、ポートフォリオに占めるデフェンシブ銘柄の比率を、やや高めるのがいいだろう。というわけで、私は、ここ食品株を買い増している。ケンコーマヨに加え、亀田製菓、S Foods、シノブフーズあたりが、今後に期待が持てよう。

10月30日 23時44分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1160-d123d3e8