FC2ブログ
NYの堅調(26日には5月3日以来の高値引け)、円相場の円高一服からやや円安と、外部環境は多少なりと好転しているにもかかわらず、日本株の弱さがとまらない。
特に2部、新興市場は最安値圏に沈み、上昇の気配を見せない。東証1部にしても、単純平均が今日も年初来安値更新となったように、一握りの主力株に支えられて日経平均だけが何とかもっている(もたされている)に過ぎない。売買高、売買代金の少なさは目を覆わんばかりだ。NHK(TV)のクローズアップ現代で、認知症詐欺を取り上げていたが、最近、証券会社、銀行による事件が多いという。その原因として、株は全然儲からず、ノルマはきついから、「丸い」人(丸め込みやすい?人格が丸くてだましやすい?)として認知症の人が狙われるのだという。いやはや末世じゃのうと思いつつ、確かに、この相場ではと感心もした。

電産トーソクが急落した。上半期決算で売られたわけだが、その内容はというと、発表済みの会社予想は上回ったものの、四季報予想には届かなかったというもの。25日付けの株日記で書いた心配が、現実のものとなった格好だ。決算短信を見ると、コスト削減がいまひとつだったということなので、これが下半期軌道に乗れば、通期では、結局四季報予想のラインには到達しよう。

綜研化学も続落、年初来安値更新となってしまった。まあ、この辺まで来ると、理屈抜きで、一度は安値にタッチしないと収まらないものだから、この動きもやむをえない。上半期決算(11月5日発表)がどうなるかだろう。

現在NYも安く、苦しい展開が続くが、10月相場は、こんなものと腹をくくり、次なる展開を待ちたい。

10月28日 1時08分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/113-5e10d16b