FC2ブログ
30日の相場は、アメリカ株高もあって小型株中心に値上がりした。ただ電力や鉄鋼は値下がり、キヤノン、コマツも下げた。新日鉄、富士通は決算が嫌気され大幅安。また、日経JQ平均、マザーズも下げ2部指数もわずかな上昇にとどまった。

UBIC(推)は、めまぐるしい動きの末、結局5980△70。

IDEC(推)は、ようやく、推奨時の株価を上回ってきた。パラベッド(推)は、最近は乱高下の末下げることが多く、ここ7連続安だったが急伸した。分かり難い動きだ。

前田工繊(推)は、前日の上げを帳消しにする下げ。決算が期待ほどでなかったということか。

リソー教育が5550△150と3連騰し、再び5610円高値を射程に入れてきた。最近の相場で、大きく上げている銘柄の一群に、ローソン、コスモス薬局、薬のアオキ、ウェザーニューズ、AOKIなどがあるが、これらに共通するのは、業績絶好調のほか、割高・高PERである。似たような業種でも、一方は大きく買い上げられるが、もう一方は、まったくといっていいほど上げない、二極分化が見られるわけだ。そこで、この二極(勝ち組と負け組)の中間的位置にいて、勝ち組に行きそうな銘柄を狙うといいのではないか。この観点からリソー教育を見てみると、まさに、同社株は、その要件を満たしているように思われる。もし、この見方が当たっていれば、勝ち組企業の特徴として実質PERは10倍超に買われる、年初来安値からは最低でも28%上昇しているということから、6130円以上もないではない。というわけで、私は30日、少し買い増した。

7月31日 1時55分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1055-284cc93c