FC2ブログ
24日の相場は、結局、小幅安で終わったが、ソニー、シャープ、キヤノン、コマツ、三菱ケミカルなど主力株のなかには、年初来高値を更新するものも多かった。一方、ローソン、コスモス薬品、クスリのアオキなどは高かったが、これらは、そろって株不足・逆日歩銘柄である。

UBIC(推)は5010▼780まで急落、引けは5500▼290。出来高も急増、5月29日以来の多さだった。この急落であく抜けとなるかどうか、予断を持つことなく注視したい。

ファーマライズ(推)も50000▼2300まで急落したが引けは変わらずまで戻した。

前田工繊(推)も急落、これで6連続安。TBSのニュースバードで、先ほど美ヶ原観察ツアーを取り上げていたが、シカが激増、農家は作物が食害でどうにもならないと嘆いていた。前田工繊期待の電気柵の設置もされていた。第3四半期(2011.10-2012.06月期)決算の発表が7月27日に迫っている。

日本株だけを見れば、そろそろ反転してもいいところで、24日の大きく突っ込んで戻った動きも、そういう期待を抱かせるものだが、いかんせん、外部環境次第では、そういうテクニカルな分析は、意味をなくしてしまう。
小安く始まったアメリカ株だが、現在NYダウは158ドル(1.24%)安、CME日経平均先物も110円余の値下がりとなっている。持ち高を少なく厳戒モードで対処したい。

7月25日 1時37分記
Secret

TrackBackURL
→http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/tb.php/1050-d13e6e09