FC2ブログ
14日の相場はNYダウが下げたことなどもあって、日経平均は115円(0.7%)の下落となった。為替は円安になっていたわけだが、ここに来ては少々の円安は株高につながらなくなっていることは、すでに書いているとおりである。
売買高、売買代金とも活況の目安の20億株、2兆円以上どころか15億株、1.7兆円前後の低空飛行が常態化している。
公的マネー(GPIF、日銀マネー)による買いで日経平均やTOPIXはそれなりの高値を維持して来ていたわけだが、そうした買いの直接的恩恵を受けない銘柄の多くは、日経平均等よりはるかに厳しい状況に陥っているわけである。

ただ、公的マネーを支えとした相場にも、そろそろ限界が見えて来たのかもしれない。
日銀は9.20日~21日の金融政策決定会合で異次元緩和の「総括的検証」を実施する。今後の金融緩和の軸にマイナス金利の深堀を据える方針(日経、9.14日朝刊)という。
しかし、日銀から市場が驚くような政策が打ち出されると期待している投資家は、もはや皆無に近いだろう。こうしたことと、2017年、世界主要国で最も低成長率になりそうという経済見通しが、株価に暗い影を落としているのかもしれない。

それにしても、この下げ(現在NYダウは小幅高、為替も1ドル102円台前半と小康状態だが、日経平均先物・大証夜間は224円安)は、あきれるばかりだ。
強いて理由を探ると、9.06日の日経平均17082円までの戻りが、日本経済の実態からすると上げ過ぎだったのではないかということに、行き当たる。8.26日の16361円から上げたわけで、少なくとも、この辺までの下げは覚悟しておいた方がいいかもしれない。

とは言え、もしそこまで下げるとしても、それももう近い水準である。とりあえずは、底入れが近いのかもしれない。しかし何せ読みにくい相場のうえ、主力株と小型株では逆相関といいていいくらいに値動きが違う。
基本は少ない持ち高でリスク管理を十分し、相場の先行きが明確になるのを待つところだろう。

9月15日 0時24分記
13日の相場は小動きだった。日経平均は小幅高だったがTOPIXは小幅安だった。
またJQは小幅高だったが2部は小幅安、マザーズは上げた。
私が前稿を書いた時点では日経平均先物・大証夜間は大幅安(この時点でNYダウは小幅高)だったわけだが、終わってみればNYダウが240ドル高と急騰、つれて日経平均先物も小幅安まで戻し、13日は日経平均は92円高で始まったわけだが、伸び悩み、結局56円高で終えたわけである。
いずれにせよ、日本株の弱さが再認識させられた相場つきだったと言えよう。

前日、大きく下げたものが多かった反動もあって、当道場銘柄は堅調なものが多かった。
完全に相場つきが変わった日本瓦斯は3050△35と引け新値。同社と資本・業務提携(9.08日)のメタップスも急騰中だ。
夢テクノロジーも1198△79と急騰、今一つ上げの理由がはっきりしないが、ひょっとするとひょっとしそうな動きになりつつある。

UACJ(推)は305円まであって300△7。
実は13日にテスラが、日本で電気自動車「テスラモデルX」の発表会をやっている。TV、新聞等では扱いがまちまち(取り上げていないところも多かった)で、ために株式市場では影響がほとんどなかった感がある。「モデルX」は1回の充電で最高542キロ走れるという、とんでもない優れものだ。加速性能はスーパーカー並み。ファルコンウィングドア(上にはね上がる)。ただし今申し込んでも納車は来春以降という。日本製電気自動車や燃料電池車の存在が忘れ去られかねない性能で、もっと大きく取り上げてしかるべき発表だったと思うが、何か思惑があって取り上げなかったりしたのかと勘繰りたくもなる。
13日付けの読売新聞朝刊は、このほか英 ジャガー・ランドローバーもアルミを車体の80%使って軽量化した「F-PACE」を日本で発売済み(6月)という記事を掲載している。
テスラを筆頭に、世界的に自動車にアルミを多用する流れが強まっており、テスラとの関係も含め、UACJには強い追い風が吹いているのである。

前稿の終わりで、次のように書いた。

>いずれにせよ、日本株の値動きを見ていると、弱いとしか言いようがない。海外株が下げれば下げ、円高になれば下げ、少々円安になっても上げられない、というのが現状である。

現在、NYダウは231ドル(1.3%)安。日経平均先物・大証夜間は269円(1.6%)安。為替は1ドル102.25円とやや円安であるにも関わらずである。まさに前稿の終りで書いたとおりの事態になっているわけだ。
NYダウは前日240ドル高だったから231ドル安でも2日計では9ドル高。一方、これを受けての日経平均は56円高に269円安で計213円安。理由はともかく、ただ下げるのが日本株のようで、これまた前稿の終わりで書いたように、持ち高は少な目にして被害を少なくとどめ、難局を乗り切るしかない。

9月14日 0時34分記
12日の相場は、先週末の欧米各国株の大幅安を受けて大きく下げた。前稿で書いたように、円安気味であったこともあって、CME日経平均先物(306円安)ほどには下げずに推移していたのだが、その後徐々に円高に向かったこともあってか、結局293円(0.5%)安で終えた。

その後、日経平均先物・大証夜間は(私が時々見ていての範囲でだが)一時300円安近くまで下げた。その後始まったNYダウが小高かったことが支援材料になってか下げ幅は100円程度まで縮小したが、現在は163円安。
この上げ下げには円相場もかなり影響しているように思われる。1ドル102円台を回復した局面では下げ幅も小さくなったのだが、現在は101.95円程度で、この下げ幅になっているわけである。
いずれにせよ、日本株の値動きを見ていると、弱いとしか言いようがない。海外株が下げれば下げ、円高になれば下げ、少々円安になっても上げられない、というのが現状である。

厳しく、苦しい展開が続くが、持ち高は少な目に、被害を少なくとどめ、難局を乗り切りたい。

9月12日 23時52分記

09日の相場は、日経平均は7円(0.0%)高だったが、日経平均以外の指標は、すべてマイナスないしそれに準ずるものだった。すなわちTOPIX、指数の大型・中型・小型全て、単純平均であり、騰落銘柄数も値上がり739、値下がり1082だった。
2部、JQ、マザーズは上げた。

相変わらず、もやもや相場が続いているわけだが、日本市場終了後の欧米株式市場が、大きく下げるという事態になった。
ヨーロッパ主要国の株価が1.1%前後の値下がりとなった。ECBのドラギ総裁が量的緩和の延長を「議論しなかった」と発言、これを受けて長期金利が上昇したことが原因だ。
アメリカでは、これに加えてボストン連銀総裁発言を受けて利上げ前倒しもありうるという見通しがやや強まったことで、ヨーロッパ各国を上回る下げとなった。NYダウは394ドル(2.1%)安。これは約2ヵ月半ぶりの下げ幅、約2ヵ月ぶりの安値となる。
為替の方は1ドル102.72円とやや円安。一方CME日経平均先物は東証終値比306円(1.8%)安で終えている。NYダウより下落率が小さいのは為替が円安になったためであろう。

長期金利の上昇はともかく、アメリカの利上げは一喜一憂するのはどうか。これは、これまで、もう嫌になるほど行きつ戻りつしたことであり、早期利上げが悪材料か好材料かさえ明瞭ではない。特に日本株にとっては、ここに来ては早期利上げ→円安→株高という構図になりつつあったはずである。となれば、日本株の下げはアメリカ株より小さいのは当然で、円安という好材料がある分、ヨーロッパ各国株と比べても小さくて当然という見方も成り立とう。この見方からすれば、CME日経平均先物の下げ幅は大きすぎることになる。

月曜は予断を持たず、まずは様子を見るところだろう。

9月11日 22時46分記

薄商いでどうにも盛り上がらない相場が続く。
注=活況の目安とされる売買代金2兆円、売買高20億株を割り込むことが、ほぼ常態化している。07日は売買代金は2.13兆円弱となったが、任天堂分0.38兆円強の寄与が多大だったための特殊事象。

盛り上がらなくても別にいいわけだが、困ったことは、何が上げ、何が下げるのかの予測がつかないのである。
例を挙げよう。
エレコム、メルコHD、MCJの株価は、ほとんどいつもばらばらだ。このことには1週間くらい前に気付いたのだが、昨日、気付いたのは寿スピリッツ、カルビー、亀田製菓の3社の株価にも同様なことが言えるのではないかということである。
08日の、これら各社の株価を見てみよう。

エレコム   2247▼45
メルコ     2621△51
MRJ       794▼5

寿スピリッツ 2325▼37
カルビー   3730▼25
亀田製菓   5240△100

別にこうしたことを嘆こうというのではない。こうした理解しにくい理不尽とも言うべき値動きをするのが、今の相場だということであり、そうしたことを頭に入れて、投資家は相場に臨むしかないということである。

UACJ(推)は316△1と7立会日ぶりに反発した。
なかなか真価が評価されないというか知れ渡らないのが問題だ。珍しく四季報が裏表紙が上になって目の前にあって、そのCMを見るともなく見た。何と「ある日、アルミは」と題したUACJのものだった!

日本瓦斯はついに3010円と3000円大台乗せがあて2990△50。アビストも2307△18。夢テクノロジー、かどや製油なども高い。どうも売り払ったり手持ちが激減した銘柄に限って強い。
エラン(推)、テイカ、住友ベークライトは反落。

なおしばらく、こうした分かり難い日替わりで物色動向も変わるような相場が続くと腹をくくっていた方がよさそうだ。焦らず、環境好転を待ちたい。

9月09日 0時21分記

相場見通しについては、後半に書き加えました。

田中科学研究所が991△150のストップ高となった。
07日付け日経朝刊1面に、住友化学が電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池向けセパレーターの生産能力増強を2年前倒しするため大型投資に踏み切るという記事が掲載されたためと思われる。
田中科研は、リチウムイオン電池等向け正極材の専業メーカーであり、8.31日、住化に対し第三者割り当て増資を行い子会社になることも決まっている。

さて、日経のこの記事をよく読めば、住化、東レの素材増産の背景にテスラのEVが絶好調なことがあることは、容易に分かる。
テスラが3月に予約を開始したEV「モデル3」には35万台超の注文が殺到した。
このため同社は2020年を予定していた50万台への増産を2018年に前倒しする方針だ(日経記事)。

となれば、日経の、この記事に株価が反応するのが田中科研だけなのは、おかしいだろう。
8.25日付け「エラン、UACJの材料」で、私はUACJ(推)とテスラの関係について書いている。その部分を以下に再掲しておく。

【UACJ】
フォードの看板車種のピックアップトラック「F-150」はボディにアルミを全面採用して話題を呼んだ。300㎏以上の軽量化にも成功、売れ行きも順調だ。テスラモーターズの廉価車種「モデル3」は、発売後1週間で30万台以上の予約を集めたが、これもアルミを多用する。(日経8.05日朝刊「クルマ異次元攻防)
注=「発売後1週間で30万台以上の予約」というのは驚異的数字である。

このように、今、車の軽量化の切り札の一つとして、アルミの多用がある。
そうした状況下、UACJは、3月にアメリカの自動車用アルミ構造材メーカーSRSインダストリーズを173億円で買収したわけである。173億円という金額はUACJの売り上げ規模等からして、さほどのものではないが、この買収には、もっと大きな意味がある。
UACJは車体の外板用のパネル材をすでに手掛けているが、現在は車体の骨格材分野でも鉄からアルミへの移行が始まっている。SRSインダストリーズはこれの北米最大級のサプライヤーなのである。ここを手に入れることで、UACJは主戦場とも言うべき骨格材分野に本格参入しようというわけである。
さらに、この買収が投資家にとってうれしい=大材料なのは、SRSインダストリーズは上述のテスラモーターズやフォードに骨格用のアルミ材を納入しているということがある。つまりUACJはテスラモーターズやフォードという超優良顧客も併せて手に入れたわけである。

UACJの株価は、調整完了近しの動きだ。この材料で、一気に人気復活となるか。

9月07日 21時45分記

【相場見通し】
ここ景気敏感株、輸出関連、主力大型株中心の相場が続き、食料品中心に内需株が大きく売り込まれるという相場が、基本的に続いて来た。最近になって、この流れにもようやく一服感が出るというか、ある程度着地点も見えて来たような状況になって来たように思われた。
そういうところに、アメリカの非製造業景況感指数が予想を大きく下回ったことで、07日の、相場は、景気敏感株、輸出関連、主力大型株がほぼ全面安となる一方、電気・ガス業、建設業、サービス業などの内需株が上げた。食料品でも明治HD、カルビーなど堅調なものが目立った。
これはもちろん、為替相場が、大きく円高に振れたからである。104円程度まで進んだ円安だが、前稿を書いた時が102.3円台、現在は101.6円前後である。

ひとまず、赤狩りのごとき内需株売りも一巡、今後は、内需、外需にあまり大きく拘ることなく、本当に割安な銘柄を物色される方向になることを、期待を込めて予想しておこう。

当道場銘柄は、MCJが799△39と急伸、年初来高値を更新した。エレコム(推)も22円安まであったが切り返し2292△13。
日本瓦斯も年初来高値を更新。引け後、メタップスとの資本業務提携を発表した。08日はいよいよ3000円大台乗せもなくはない。
エラン(推)は1287△22と続伸した。ここ以外に強い動きを続けており、1300円を回復するようだと、中間決算での上方修正期待を背景に面白いことになりそうだ。
私はもうないのだがアビストはさらに強い動きだ。

テイカ、住友ベークライトは、ともに1円高ながら続伸した。どちらも年初来高値がそろそろ意識される水準にあり、空売りも増加傾向で、要注目だ。特にテイカは今期業績は上方修正含みのうえ、来期の予想実質1株利益70円前後で実質PER7倍台と見直し余地大だ。

UACJ(推)は前半に書いたとおりだ。
今や世界の大自動車メーカーも無視できない存在に完全になったテスラとUACJの関係を考えれば、315円などという株価が、いかにとんでもない評価不足か、言うまでもないだろう。
UACJは名古屋製造所の飲料缶材の生産ラインを自動車用に転換した。完全に自動車シフトを鮮明にし、新たな成長の時代に突入しようとしているのである。

9月07日 23時57分記

06日の相場は、主力大型株は安いものがやや多かったが、中小型株、内需株が強く、日経平均は44円(0.3%)高だった。ここ売り込まれていた食料品、建設業、小売業が大幅高となった。

当道場銘柄は、日本瓦斯が連日の新値追い、エラン(推)、夢テクノロジー、エコスも上げた。テイカ、住友ベークライトも上げた。

UACJ(推)は一時308▼7まで下げたが、引けにかけ戻し結局終値は315±0。ここ5日間調整したわけだが、この間の下げ幅は21円(終値ベースでは11円)にとどまったわけで、むしろ強い動きとみることもできよう。チャートも崩れていない。
エレコム(推)は依然不安定な動きで一時2225▼59まで下げたが終値は2279▼5。
放電精密は900▼24だった。値動きが荒いので、買う場合は突っ込んだところを仕込みたい。

化学で注目したテイカ、住友ベークライトの動きがいい。
テイカは8.31日、533△13と大きく上げ、その後はもみ合っていたが、06日は8.31日を上回る出来高となり545円まであって539△3。実は、最近、2020年の東京オリンピックがらみで「遮熱性塗装」などの、暑さ対策銘柄が注目を集めている。
NIPP0、大成建設などはすでにこの材料で上げているが、超小型の日本興業も8.24日、一時191△50とストップ高している(電線地中化との複合で上げたか)。
こうした中、関連銘柄でありながら全く材料が評価されていないのがテイカだ。同社の「赤外線遮蔽酸化チタン」は遠赤外線を遮るため、舗装道路等へ使えば、路面温度の上昇を抑える効果が期待できる。日焼け止めで培った技術力が生きる。
住友ベークライトは512△12と大幅高となった。自動車向け高機能プラスチックが伸びているが、これは自動車の軽量化で使用が伸びているためである。

アメリカの8月の非製造業景況感指数が市場予想を大きく下回ったことで、早期利上げ観測が後退、円相場は、現在1ドル102.3円台と大幅に円高になっている。日経平均先物は、現在132円安。

9月07日 0時39分記
05日は当然ながら大型株の日だった。ファストリなど日経平均寄与度大の銘柄が急騰し日経平均のみ突出して上げた(112円、0.7%)が、値下がりする銘柄も36%に達した。
東証引け後の海外市場では、為替相場で、0.5円程度、円高に振れている。06日の日本株は、主力株一服、中小型株に多少の順風となるか。

エレコム(推)は2284△14と、なんとか反発した。一方UACJ(推)は315▼4と4連続安となってしまった。読みが外れて恐縮だが、反発は刻一刻近付いているとみるところで、ここはむしろ仕込み場だろう。

放電精密の動きがいい。924△25と4連騰。この銘柄、エアバスA350向けエンジン部品受注が材料だったわけだが、なかなか業績に寄与せず、株価は2014年8月に1378円を付けて以降、下げ続けていたわけだが、ここに来てようやく大きく戻り始めた。2016年後半以降本格生産が始まり、2017年2月期の業績が本格的に回復することを株価が織り込み始めているわけである。とりあえず1000円大台乗せが見られそうだ。
なお、放電精密とともに取り上げた東京センチュリーリースは4050円の戻り高値を付けたが終値は3930▼50。乱高下が激しく、どこで売るかの判断が難しいのは、何もこの銘柄だけではない。

9月05日 23時54分記
02日発表されたアメリカの雇用統計は、非農業部門の雇用者数増(前年同期比)が15.1万人増だった。市場予測の18万人増を下回ったわけだが、これを受けての市場の反応は、最初は、ややネガティブだったが、次第にポジティブに変わり、結局、株高(NYダウ、NQとも0.4%前後の値上がり)で終えた。円相場も、はじめは円高に振れたがじきに円安になり、結局1ドル103.91円と雇用統計発表前より円安になって終わった。
CME日経平均先物は17130円と東証終値比で204円高で終えた。
ついでに言えばWTI原油先物も44.22ドルと1ドル余りの値上がりとなった。

こうして見て来ると、日本の株式市場にとっても、いいことづくめで、05日は堅調な相場が予想されるわけである。
問題は物色動向であるが、こうした場合の常通り、主力大型株中心の展開が予想されるが、それはそうとして、中小型株が蚊帳の外、場合によってはむしろ軟調となるのか、それなりにつれ高程度はするのかが、注目される。

最近の相場を見ていると、内需系でも夢の街、サンドラッグ、マンダム等、出直りに向かいつつあるように見える銘柄も、かなり出始めている。カルビー、寿スピリッツ等の製菓メーカーはPER割高と忌避する風圧が強すぎて依然弱いものがほとんどだが、それ以外では、PER的にも割安で、業績好調なめいがらは見直され始めているように思われる。
よって、これからは、徐々に、他の銘柄でもこうした低PER,業績好調銘柄は、売られ過ぎという認識が広まり、戻りに順次入って来ることも十分考えられよう。
今、超目先的に叩き売られているからと言って、だめと決めつけることはない。エレコム(推)やエラン(推)である。

とりあえず、今の相場の流れからは、UACJ(推)が面白そうだ。思わぬ3連続安となったが、これは日々の下げ幅が小さかったためとみることもできよう。原油価格高は、アルミ市況高が好業績に直結する同社には連想でプラス。また原油高≒ガソリン高→低燃費車有利からすれば、自動車軽量化関連の同社には、当然これもプラスだ。ここでは書かないが、同社の将来性、成長力をよく理解すれば、319円などという株価が、いかに安いか容易に分かろうというものだ。証券会社には、きちんと分析して妥当なレーティングを早く出してほしいものだ。相場末期になってあわててレポート作成では、誰も評価してくれないだろう。
自動車軽量化では住友ベークライトも要注目。同じ化学業種でテイカは587円高値挑戦が期待できそうだ。

9月04日 23時13分記
2016.09.02 UACJを買い増す
01日の相場は、小動きだったが、結局、日経平均、TOPIXとも小高く引けた。ここ下げがきつかった食料品、医薬品,小売りが値上がりした。地銀中心に銀行株も大幅高。

当道場銘柄は、エラン(推)、MCJ、東京センチュリーリース、放電精密などが上げたが、エレコム(推)、夢テクノロジ―が急落、UACJ(推)もわずかに下げた。

大きく売り込まれている内需関連だが、シノケン、ケンコーマヨネーズ、寿スピリッツなど戻すものが目立ったが、日本ライフライン、東祥など、下げ止まらないものも結構ある。
この辺の見極めが大事なのだが、判断が付きにくいので困る。
こうした中、エレコムが2311▼148まであって2340▼119。同業のメルコHD、MCJともあげており、この下げは分かり難い。とは言え、この3社はほぼいつも動きがばらばらなのだが。
とは言え、こうした動きはベルーナ(推)、夢テクノロジーでも見られた。ダメかと思うと突如急騰、期待すると突如崩れる、こうしたことが、小型株では、珍しくもないことになっているわけである。ここから弱気になることはなかろう。

UACJは2円高とみていたのが1円安だったが、逆に02日こそ上げる可能性が高まったとみるところだろう。私は大引けも含め、少し買い増した。

化学で、ピックアップした銘柄。テイカ、大阪ソーダ、日本カーバイド、大陽日酸、住友ベークライト、積水化成品、こういったところをまずはリストアップした。ところが、業績(1Q)をチェックすると、四季報予想を大きく裏切って減益になっていたりする。大阪ソーダ、日本カーバイド、積水化成品等である。
結局、ここで残ったのが、テイカと住友ベークライト。打診買いしたのだが、テイカは順調に上げているが、ベークライトは動きが悪い。今後の値動き、ほかにもっと有望な銘柄はないかといったことも見て、方針を決めようと思っている。

9月02日 0時44分記