FC2ブログ
前稿で「訳も無く弱い相場」と書いたが、解明はできにくいにせよ訳はあるわけで正確には「合理的理由のない下げ」とでもすべきだったと、今考えている。

さて、その「訳」について考えて来たわけだが、日本株がここまで突出して上げてきた反動、ヘッジファンドによる仕掛け的売り浴びせといった説が巷間言われているようだ。。

前者について言うと、では世界各国の株価は最終的には(それがいつかがまた問題だが)、騰落率が同一になるとでも言うのだろうかという反論が当然出て来る。まあほとんど考慮に値しない説であろう。

後者は十分考えられる見方である。先物に仕掛け的売り物が入って崩れたといった解説は、前回(8.20日台)の下げの時も含め何度か言われたように記憶する。
ただ、これは先物が売られたから(現物も売られた)というよく言われる説明同様、根本的理由とは言えない。株式が売られたから(株価が下げた)を少し具体的に言い直しただけだからである。
結局、なぜ先物が売られたのか、なぜヘッジファンドが売りを仕掛けたのかが問題なのである。

日本国債の格付けは異常に低いのに、市場では買われ続ける人気商品だというおかしな現象がある。
円も世界経済が不安定化すると安全資産として買われるという、やや分かりにくい現象もある。
日本の最近の株価も、この延長で考えるといいのかもしれない。即ち、世界各国の株価が変調を来たすと日本の株価に目が行く。そうすると、独り結構いい値段をキープしている。そこでハイエナのように獲物を探しているヘッジファンドには恰好の餌食というか投機対象に映るというわけである。大量の資金を動かせる市場はニューヨーク、東京、それに加えてせいぜいロンドン、フランクフルトくらいなものだろう。

いずれにせよ、日本の世界における政治的地位は、その国力(GDP)等に比し、著しく低い。経済的地位にしても近年の停滞もあってかつての輝きはなく評価もさほどではない。
にもかかわらず、国債、円、株価、そろっていいように利用され(私に言わせればなぶられ)ているというのが、我が日本なのだろう。
黒田日銀総裁が、アジア開銀総裁の時のことだったと思うが、日本国債の評価が低すぎると相手(国債格付け会社首脳だっただろうか)に強く言ったが聞く耳を持たなかったという話をTV番組でされていた。事は難しそうなのである。アメリカの属国的振る舞いを長年続けて来たつけを払わされているのかもしれない。

今後の株式相場である。
アメリカの雇用統計は、微妙な数字だった。9月末のアメリカの利上げがあるかないかも、また微妙である。9.16、17日のFOMCまで利上げの有無を巡って世界各国の株価は揺れ動くことになる。
04日のNYダウは272ドル(1.66%)安、CME日経平均先物は137円安だった。
日経平均は04日の終値が17792円で8.25日につけた17806円をわずかに下回った。
9.07日(月)、終値が04日の終値近辺かそれより高くなれば、2番底形成で底打ちということにもなる可能性が出てくるが、やや難しいか。
逆に17792円を大きく下回るようなことになると、昨年末値の17451円が意識されてくる。
いずれにせよ、とりあえずは中国(上海総合指数)、アメリカ(NYダウ)次第である。なおかなりの下げがあるリスクも考慮しつつ、慎重に、この難局に対処するしかない。
もちろん、もうそろそろ反発してもいいという考え方も十分成り立つ。日本株の今期予想PERは日経平均採用銘柄では、ついに14.21倍と15倍を下回った。1部全銘柄でも15.19倍であり、PER面では下げ過ぎに近いところに来ているとみていいだろう。

というわけで、極端な見方に行かず、冷静に相場を注視しつつ、今後の成り行きを日々予想していくところだ。

9月06日 22時15分記
相場が、どうもおかしい。
前稿を書いたとき、NYダウは179ドル高だったわけだが、終わってみればわずか23ドル(0.14%)の小幅高にとどまった。
そして今日の東京市場。例によって「わりと元気よく」飛び出したのだが、急失速、日経平均の前場終値は206円(1.13%)の大幅安となっている。2部、JQはさらに厳しい状況でマザーズに至っては4.22%安の暴落となっている。
こう毎日、結局は崩れるという相場を見せられては、投資家心理も冷え込みきろうというものである。
相場がこのように極端に弱い理由がはっきりしないのも怖いところだ。

そういうわけで、ここは専守防衛に徹するところだろう。

西部ガス(推)は297△6の高値引けとなっている。どの銘柄もダメなので、西ガスが脚光を浴びるという構図だろう。先行きは不透明だが、少なくとも他銘柄よりは、西ガスにしておいた方がダメージは小さかったわけで、これこそ「猛獣もし闘わば」式銘柄選択法のいいところである。
相場が横ばい程度で来てくれていたら今頃は330円~350円だっただろうにと思うが、嘆いても詮無きことである。逸材の今後に期待しよう。

9月04日 11時59分記
03日の相場も、前日同様、引けにかけ売られる展開となった。前日のNYダウの大幅高を受け、上げ幅は一時386円に達したのだが終値では87円高。
02日と03日の騰落銘柄数と日経平均の騰落は 次の通り。

02日=値上がり 339  値下がり1482  -70円
03日=値上がり 963  値下がり 822  +87円
合計=値上がり 1302  値下がり 2304 +17円

要するにこの2日間、主力大型株で日経平均をもたせているという状況で、実態としては値下がり銘柄が圧倒的に、厳しい相場環境だったということである。
それはともかく、ここ上海総合指数にしろNYダウにしろ、さほど下げているわけではない。独り日経平均だけが大きく下げ、戻りも鈍いのだ。理由は必ずしもはっきりしないが、いずれにせよ、こうした異常状況は早晩是正されると期待していいだろう。
>基本的に、悪材料は02日のザラ場安値17857円で織り込んだとみていいのではないかと思う。
と前稿で書いたわけだが、現時点でこの見方に変更はない。

現在NYダウは179ドル(01.08%)高、日経平均先物・大証夜間も198円高となっている。04日は期待できるのではないか(上海株は03日に続き04日も休場で気にせずに済む)。

こういう買い意欲が著しく減退している相場なので、ごく一部の銘柄しか(特に中小型株では)上がらない。
サカイ引越センター(推)が6210円と年初来高値を更新、終値も6150△350だった。一方内外トランスライン(推)は1216△44まであったものの終値は1172±0。

IBJ(推)が急伸、1428円まであって1414△105。これが理由ではなさそうだが、新四季報(9.14日発売)では今来期とも大幅増益に上方修正されるようだ。強気堅持。

西部ガス(推)は307円まであって(ここは勝負と私が1万株買い308円になるのを待っていたら、その後じり貧に)、その後は売りに押され291▼4。読みを誤ったわけだが、結果から考えれば5連騰の反動が出たということだろう。既出の材料以外でも有望材料がいくつもあり、強気を貫くところ。300円前後までなら安心して買っていいのではないか。
四季報オンラインでは東京ガスの今期業績は上方修正されている。1Qの数字からしてそうなったのだろうが、ガス会社で1Qの数字が最もよかったのが西ガスだ。新四季報では同社業績も大きく上方修正されよう(詳しくは後日)。

9月04日 0時15分記 
03日の相場は、前日のNYダウが470ドル(2.84%)の急落だったため、日経平均も急落して始まった。ただ、前日過剰なくらいの下げを演じていたうえ、上海株も急落後大きく戻したため、徐々に戻し、一時は上げ幅は301円に達した。しかし終わってみれば結局70円安。前日に引き続き、引けにかけ崩れたわけである。

上海総合指数は結局0.20%の小幅な下げで終わった。
ヨーロッパ主要3ヵ国(ドイツ、フランス、イギリス)はそろって0.5%台の値上がりだった。
アメリカ(NYダウ)は現在135ドルほどの値上がり、日経平均先物・大証夜間は相変わらず頼りない値動きだがとりあえず35円高となっている。

基本的に、悪材料は02日のザラ場安値17857円で織り込んだとみていいのではないかと思う。しかし、買い手不在で、ちょっとしたことに振り回されるので、安心はできない。
過去のこうしたいわゆる…ショックがあった場合、日本が独自に主体的に上げたケースは記憶にない。結局アメリカ頼みなのだった。この意味で、アメリカ株が戻りにはっきり転じないと、日本株は安心しては見ていられないと覚悟すべきだろう。

最後に、株価材料を少し書いておこう。

アトラ(推)は10.07日に「ほねつぎ大村はりきゅう接骨院」をオープンする(「ほねつぎチェ-ン公式サイト」より)ことが分かった。
順調な開店ペースであり、株価は結局は大きく居所を変えるのではないか。

ニックス(推)は2016年9月期の予想経常利益は5億円予想(現四季報は3.9億円予想)になりそうだ。

西部ガス(推)についての新四季報での記述が明らかになった(「会社四季報」先取りお宝株)。「光冷暖設備会社に30%出資」とKFT社に言及。また北九州工場跡地で2015年12月に太陽光発電(3.15万KW)開始、ひびきLNG基地隣地のガス発電所(160万KW)は2020年稼働という記述もある。
同社株は全般暴落の中でも上げ続けていた反動で02日は下げたわけだが、逆に言えばあの暴落でも逆行高したことに「光冷暖」という材料のすごさが見てとれるというものである。

9月03日 0時48分記

厳しい相場環境なので、簡略に重要なことのみ書く。
もう、1回大崩れした後だからと、多くの投資家が警戒はしつつも前回ほどのことはあるまいと思っていたことだろう。アメリカ(NYダウ)も中国(上海総合指数)もさほどの下げではなかった。にもかかわらず、日本(日経平均)は後場、時間の経過とともに下げ幅を拡大、大引けにかけては売りが売りを呼び、結局725円安の安値引けとなった。先物主導で売られたというのが後講釈的解説である。

その後、01日の欧米株はヨーロッパ主要国は2.5%前後の下げとなっている。
NYダウはおおむね300ドル台半ば(2%程度)の下げとなっている。
日本株は01日に世界に先駆け、というか突出して大きく下げたのだから、欧米各国より小さな下げでよさそうなものだが、日経平均先物・大証夜間は、激しく乱高下している。逐一見ているわけではないのでかなりラフな話になるが高く始まった後、300円を大きく超える下げになったかと思うと、60円程度まで下げ幅を縮小、ここに来ては200円前後の下げになっている。

いずれにせよ、ここ株価は気象と同様、過去の経験則で測れないほど、激しくぶれる。起きてみたらどうなっているか、起きてみないと分からない。その結果次第では、かなり厳しいことになる恐れもある。
自らの資産状況を精査、不測の事態にも慌てず対処できるようにしておこう。

9月01日 23時51分記