FC2ブログ
阿川弘之氏(以下敬称略)が亡くなられた。阿川弘之と言えば、私にとっては山本五十六であり、そう言えば阿川は山本五十六の短歌を貶していたなと思い、その辺のことを思い出しながら、あれこれしていたら、宮柊二が何十年か前に朝日新聞に書いた記事が出て来て、これを書く気になったのである。

話が通じないだろうので、説明しよう。
阿川弘之は海軍に入隊した体験を有し、海軍への強い共感の思いから『山本五十六』、『米内光政』、『井上成美』のいわゆる海軍提督3部作を表している。
そのうちの『山本五十六』で氏は山本を好意的に描いているわけだが、短歌については下手だったと書いている(具体的表現がどうだったかは定かでない)。
ところで宮柊二が朝日新聞の連載企画「わたしの母校」の長岡中学(現長岡高校)で、「気骨あった先生たち」とともに山本五十六のことも取り上げ山本の短歌を最後に載せている。切り抜いておいたわけだが、幼かった私は年月日を入れずにおいて今ではいつの記事か不明。大昔のものであるのは確かだが。
もうお分かりになっただろうが(いや無理な話かも)、山本五十六、宮柊二、そして付け足させていただくと鎌倉雄介は長岡中学(高校)卒業生のわけである。
 
その山本の歌。

 かねてより思い定めし道なれど火の艦橋に君登り行く

 燃えくるふ炎を浴みて艦橋に立ち尽ししかわが提督は

宮は「こうした武人の歌をよんだ山本元帥も、かつてはこの長中の生徒(明治33年卒業)だった。」と結んでいる。

宮柊二と言ってもほとんどの方はご存じないだろう。実際私が塾で教えていたとき、テキストに氏の短歌が出て来てうれしかったものだが、名前に振り仮名がふってあり「とうじ」とあるではないか!「柊」は「ひいらぎ」だが音読みは「しゅう」であり、振り仮名をふるのなら「しゅうじ」としなければならない。

テキストに出ていた歌は

 かがやける 少年の目よ 自転車を
 買い与えんと 言いしばかりに

代表作に

 七階に空ゆく雁のこゑきこえこころしずまる吾が生あはれ(『日本挽歌』)

宮は長中卒業後、家業(書店)を手伝っていたが、家業の衰退もあってか間もなく上京。北原白秋に師事、俊英と注目されるが、応召され中国大陸を転戦。戦後は『群鶏』、『多く夜の歌』などの歌集を出し、戦後短歌の代表歌人とされる。

山本五十六の歌も「武人」の歌としてみれば、なかなかいいではないか。

山本五十六は開戦に反対するも、真珠湾攻撃を命ぜられ、日本を開戦に導くことになった。半年、一年は威勢よくやりましょう(正確にどう言ったかは記憶していおらずうろ覚えの記憶で書いていることをお断りしておく)、(その後は・・・・)と言ったという。
日本の敗北を予見しながら悲劇の人生を送ることになる。
海軍と陸軍の対立、時代が陸軍中心から海軍、空軍へと移り行く中、先見の明なく、陸軍主導のままだった軍がいけなかったのか。いずれにせよ、東条英機ではなく、山本五十六、米内光政、井上成美が日本の指導者であったらと、思わずにはいられない。

長岡は1945年8月1日夜、アメリカ軍の空襲に全市域のほとんどが焼き尽くされるほどの被害を受けた(日本一の花火とされる長岡まつりはこの慰霊祭として始まった)。
注=当時はまだ長岡市になっていなかった私の生家(旧三島郡)にも焼夷弾が落とされたことで分かるように、全市域どころか周辺にも爆撃はされたのである。
一地方都市に過ぎなかった長岡がかくも苛烈な空爆を受けた理由として、一説に山本五十六の出身地だったからというが、長岡はこの80年近く前(1868年)にも灰燼に帰している。いわゆる北越戦争(戊辰戦争の一局面)である。
この時の張本人が河合継之助。河合は長岡藩の武装中立を唱えていたわけだが、その成否を決する重要な会談が新政府軍の軍監・岩村精一郎との小千谷の慈眼寺での会談だった。この決裂により、長岡藩はやむなく奥羽列藩同盟に正式に参加、新政府軍との戦闘に突入、激戦の末敗れ、河合も負傷、結局会津・塩沢村で死去した。山本と一脈通じるものがあるではないか。
なお、小千谷会談決裂の原因として、岩村精一郎と河合継之助の格の違いを言う方もいる。岩村ごとき小物ではなく山縣有朋自ら出馬すれば(結果も違っていただろう)というわけである。
ちなみに最後まで河合に付き従った従僕・松蔵の実家は、私の生家から数百メートルのところにある。

いずれにせよ、上司に恵まれないサラリーマンではないが、山本にしろ河合にしろ、傑出したリーダーが時代、環境に恵まれず損な役回りを演じさせられ、悲劇的生涯に終わったということであろう。
両人とも、一時は長岡を灰燼に帰させた人物として評判の悪い時期があったようだが、もちろん、現在は名誉回復されていると言っていいだろう。

8月08日 20時34分記

相場は、相変わらず、薄商いの中、激しい値動きとなっている。
今年のこれまでの値動きと、私自身の運用成績を振り返ってみた。
実は、個人的に漏れ伝わるいろいろな方の成績を見ると、どうもあまりはかばかしくない方が、結構多いようで、その原因を考えていて、そういう方への参考になると思い、そういうことをやってみようと思ったのである。

私は今主に4つの口座でやっているが、ここではそのうちの以下の3つについての成績である。
メインのネット証券A、サブの対面営業B、休眠口座もどきのネット証券C。
昨年末(大納会)値を100として8.06日の成績である。
詳しく具体的に書きかけたのだが、あれこれ詮索されるのも嫌なので、茫洋とした書き方に変更した。

Aは昨年末比何倍かになり、Bもそれなりの成績(日経平均の上昇率である+18.1%の5倍以上)になったが、Cは98(2%の下落)になった。
これだけの大差になったのは、ひとえにダメな銘柄を、いかにさっさと見切り、有望銘柄にシフトしたかの差である。
つまりCは、実はその大半がニックスで、薄商いのため売るに売れず、大半を保有、残りの銘柄は保有株数が少ないこともあって多くは処分が済んだがプラスにもならず売ったということである。
AとBでは、手数料はさておいて、ダメな銘柄を処分するとき、まずはAで処分、有望な銘柄を買う時もA優先になることが大半なので、こうした成績格差になったわけである。

今、運用成績のいまいちの方に参考になると思い、書いたわけである。つまり、そういう方の大半は含み損になっている銘柄に関し、いつまでも見切れず漫然と持続、そのため資金も固定しがちで、どうしても成績はあがらないことになる。

参考までに、あるところで見つけた興味深いコメントを無断引用させていただく。

>長期をやってると、含み益は利確してしまうので年がら年中含み損を見ることになります
私が持ってるのは、漬物と言うより乾物ですな、時間が味に深みを出します

含み損か含み益かを保有銘柄を売る時の基準にしてはまずい。「猛獣もし闘わば式売却法」にのっとり、最も弱い、負けそうな奴から売るのが鉄則である。今の相場、逆張りやナンピン買いは大体失敗する。相場の流れを読み取り、うまく乗らなくてはなかなか成功はおぼつかない。
それができない?当ブログを上手に利用すればいいのである。それにもまたそれなりの技量が必要なわけであるが。だから相場は難しいのである。

エコス(推)が急騰、年初来高値を更新してきた。
次はいよいよスターティア(推)の出番となりそうだ。また内外トランスライン(推)も虎視眈々、出番をうかがう。ビケンテクノ、イーサポートなども、いつ出発進行となってもおかしくない。

8月07日 0時40分記
2015.08.06 スターティア
05日の相場は、全般堅調な中、当道場銘柄は値下がりするものが多かった。ただ、これは、これらがここスピード違反的に短期間に大きく上げた反動が出たものであり、心配無用だろう。

前日、好決算発表のIMVは安寄り後も下げ幅を拡大、終値は645▼34。好決算でこれだけ売られるのは理解に苦しむが、最近は、こうした例が珍しくない。内外トランスライン(推)なども7.30日12時に好決算発表、当日は38円高したが翌日は40円安だった。
e BASEは普通の決算だったがTPP妥結せずも響いたようだが、それにしても8.03日1190▼226、04日は1106円まで下げる場面があった。比較的大きな銘柄は、悪い決算でもあまり下げないというのが、これまでの傾向だったが、これも崩れているようだ。
トプコンは下方修正で8.03日、2285▼500のストップ安、その後も下げ止まらない。三菱商事も予想以上の大幅減益決算発表で8.04日、2467▼181.5と急落、05日も続落した。
予想以上の好決算でかつ上方修正でもしない限り上げないとみたほうがよさそうだ。

セーラー(推)は49▼3の安値引け。これで5日続落となった。私は50円で5万株買ってみた。日証金、大和キャピタルに次ぐ大株主だった(ただし大半が信用買いなので株主名簿には載らない)のだが、今は持ち株は半減以下に減らしていたのを少し増やしたのである。推奨時に書いたようにこういう銘柄は上げる時も速いが下げる時も速いので、吹いたところはある程度は売っておくのが鉄則である。ただ50円前後は、ほぼ底入れとみていいだろう。そういう読みでブログも書いたつもりなので、有言実行、50円で少し買い、またここに明かしておくわけである(私は隠すことは何もなく隠したくもないのだが、小型の出来高の少ない銘柄ではそうもいかないのであまり書けないが、セーラのような浮動株比率43.6%で大商い銘柄では、書いても支障はないので書くわけである)。

スターティアは2028▼69と大きく下げた。この銘柄は、7.22日以降、繰り返し言及してきたのでお持ちの方も多かろう。ただ、取り上げ方の関係もあって推奨銘柄にはしないで来た。ただ、O2O関連の本命として私が最も期待する銘柄なので、うまいタイミングで推奨銘柄にしたいと常々考えていた。頃や良しと言うか機は熟したと言うかであり、ここで推奨銘柄にする。

8月06日 0時36分記
相場は相変わらず、激しく複雑でとらえにくい動きとなっている。

ただ私というか当道場の成績からすると、1月から4月で悪目を出し切ったようで、以降は、基本的に好調である。
その間、まずはアトラ(推)、寿スピリッツ(推)が牽引、この2銘柄が悪役になるとサカイ引越(推)、スターティア、トランコム、ウェルシア、セーラー(推)などなどが替わって稼ぎ頭になり、好成績につなげた。そしてここに来ては今度はセーラーが悪役になってしまったが、逆にアトラ、寿が、特に寿が華麗に復活、サカイ、トランコム、内外トランス(推)、スターティア、ウェルシア等も好調維持といった具合である。

相場じゅんばんこなのであるが、とは言え、ずっと好調が続く銘柄もあり、この辺をうまく読み(4勝1敗で良い)、時流に乗るポートフォリオに随時組み替えて行くことが、重要であり、成功の秘訣のわけである。

さて前日、私の 保有銘柄(有望順) として挙げた7銘柄の値動きを見ておこう。   

①スターティア     2097△73    
②エコス(推)      1247△50  
③内外トランス(推)  1559△63  
④リロHD        13720△90                    
⑤ウェルシア      6630△120        
⑥ビケン          969△12          
⑦イーサポート      2188▼7  

このように、ほとんどが大きく上げた。やはり出遅れの割安好業績銘柄、言い忘れたがそれも内需関連がいい、を狙っていくのがいい。 

寿スピリッツが4285△230と続急伸となった。今期業績の大幅上方修正期待が広がったのだろう。なおかなりの上昇がありそうだが、ある程度は利益を確定しておくのもいいだろう。アトラは相変わらずの乱高下だ。こういう動きは心臓に悪いとか動きについていけないという方は、吹いたところではある程度外していけばいいのである。株価に文句をつけるのはお門違いだ。
セーラーは前日に続き大きく下げた。底なし沼のように思うとしたら、それは間違いだ。近々底入れするとみるべきだろう。超低位株が、たいして悪材料もなく、そう大きくは下げない。ネット取引時代なので行き過ぎが激しくなるだけだから、あわてず落ち着くのを待とう。

IMVが引け後決算を発表した。すばらしい決算だったわけだが、会社は通期見通しを変えなかった。ただ純利益は3Q通算で7.97億円と、すでに通期予想の7.8億円を上回っている。通期の上方修正は確定的と言っていいだろう。7-9月期の経常利益は0.3億円しか見込んでいないわけだが、前年同期でさえ2.37億円だった。常識的には0.3億円ではなく2.4億円~3.5億円とみるところ。控えめに下限の2.4億円としても、2015年9月期の経常利益は15.1億円(会社予想は13.0億円)に達することになる。PTS最終値は710△31(ただし出来高2000株)。

8月05日 0時36分記
03日の相場は、まさに当道場銘柄、推奨銘柄にうってつけのものとなった。
東祥(推)、トランコム、ウェルシア、クリレスが年初来高値更新、寿スピリッツは年初来高値面合わせ・引け新値、サカイ引越も引け新値となった。またアトラ(推)も3395△345と急反発した。この他、内外トランスライン(推)、スターティア、IBJなども高かった。
セーラー(推)は57▼9と大幅安となったが、想定の下限の下げといったところだろう。ここからは下値を固めたうえである程度は戻そう。
お詫び=スターティア、うっかり、また(推)としてしまいました。心はそうなのですが、タイミングを失し推奨銘柄にはしていないのでした。 (この部分のみ8.04日8時28記)

ある程度の期間をとって、相場の大きな流れを見てみると、やはり、好業績の中小型株、それも比較的高株価の銘柄の値動きがいい。ウェルシア、クリレス、サカイ引越、トランコムなどが代表である。これらは、ほとんど押し目らしい押し目を作らず、ひたすら上げている。
となれば、投資家たるもの、こうした安心して見ていられる、ひたすら上げ続けそうな銘柄をポートフォリオの中核に据えていきたいものである。これら銘柄は、なお上げそうだが、新規に買う、組み入れるという観点からは、出遅れの、まだあまり上げていない銘柄を選びたい。参考に、久しぶりになってしまったが私の保有銘柄(有望順)を公表しておこう。

保有銘柄(有望順)      時価 → 目先の目標値
①スターティア       2024円→ 2224円
②エコス(推)         1197円→ 1297円
③内外トランス(推)    1496円→ 1596円
④リロHD           13630円→14130円         
⑤ウェルシア         6510円→ 6710円
⑥ビケン             957円→ 1057円
⑦イーサポート        2195円→ 2325円

これらは、大半がまだあまり上げておらず、ここからでも買っていいだろう。
スターティアは、いずれ2500円以上と考えている。エコスは超低PERが早晩見直されるはず。
内外トランスは、いずれサカイ引越やトランコムを追って、居所を変えるのではないか。
リロは値幅的にはどうかだが、じり高をたどりそうという意味では本命銘柄。
ビケンは出遅れ。不人気なのが問題だが、どこかで吹くとみる。
イーサポートは新顔だが、生鮮MDシステムに期待。

ただし、今は微妙な時期。買う場合、ほかを売って運用額自体は増やさないようにするところだろう。

8月03日 23時25分記

追記=寿スピリッツが引け後1Q決算を発表した。経常利益は前年同期の2.05億円比78.6%増の3.67億円。会社は通期3.9%増益予想を据え置いたが、いずれ大上方修正は必至だろう。 (23時43分記)
いよいよ夏本番で、高校野球(甲子園)、お盆休みとなるので、薄商いの中、相場は波乱含みとなることも予想され、注意深く行きたい。これまでにも書いて来たように、昨今は過去の経験則が通用しないことが多いので、この時期に関しても、私は必ずしも悲観的なわけではない。と言っても楽観的でもないが。

7.31日には、セーラー(推)、スターティア(推)、東祥(推)の決算が発表された。東祥は問題のない決算なので除き、残る2社の決算について書く。

【セーラーの決算】
やけに悲観的な反応が多いようだ。純利益を除く、売り上げ、営業利益、経常利益とも前回発表を下回ったのだから、ある程度は当然の反応とも言えよう。
こうした結果になった理由は1Qとまったく同じである。つまり文具事業、と言っても文具全般ではなく法人需要の低迷が最大のそしてほとんど唯一のものであろう。万年筆やGフリーなどのボールペンはそれなりに好調だったのである。またロボットは予想を上回る好調だったと言っている。
通期業績予想を会社は据え置いているわけだが、実際はどうなりそうか。
大半の投資家は、せいぜい決算短信しか読まないだろうが、同時に「連結業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ」が出ている。これに以下の1文がある。

>なお、通期業績予想につきましては、ロボット事業は引き続き好調を維持するものと見込まれ、文具事業の業績は回復可能 と予測されるため、現時点での修正はございません。

なんだかんだ言っても、この調子なら経常利益は前期の2.38億円の赤字から黒字化は必至、最悪でも0.3億円程度の黒字、普通なら会社予想の0.85億円をやや下回るくらい、うまくいけば会社予想をやや上回るかも、と言ったところが予想されるわけである。いずれにせよ、目覚ましい業績回復と言っても言い過ぎではない。
低位株なのだから、ここから大きく下げるなどと言っている方は相場を・・・・
まあそう弱気にならず、株価を見守ろう。

【スターティアの決算】
もともと前年同期比減益を見込んでいたわけだが、実際そういう決算だった。掲示板で奇特な方が1Qの会社計画と今回発表の実績を比較した数字を出しておられる。これを引用させていただく。

        計画        実績     
売上高  19.69億    22.53億  
経常利益 ▲1.37億   ▲0.95億 
純利益   ▲1.37億   ▲0.80億 

要するに計画をかなり上回る好決算だったことが明白のわけである。となれば通期業績も、経常利益予想11.34億円が四季報予想の12.0億円とかQUICKコンセンサス12.5億円程度に上方修正される可能性は十分あろう。
実際決算短信を読むと、受注が増加しているなど、自信に満ち満ちた文言がいたるところにみられる。また以下の一文にも注目したい。

>平成27年4月にリリースをしたO2O(オンライントゥオフライン)アプリを簡単に作成 出来る「AppGoose(アップグース)」の販売についても好調に推移しており、従来の主要販売先 の印刷会社のみならず、飲食店や美容院、不動産などの店舗、学校、Web制作会社、卸売業とい った新たな業界へも導入が進んでおります。

加えて1対2の株式分割も発表しており、月曜日は大幅高が予想される。PTS最終値は2080△78。
いずれにせよ、これだけの有望企業が超低PERに放置されており、一抹の不安のあった1Q決算も予想以上にいい決算であり、受注等も絶好調と来ては、株価は大きく見直されることになろう。

8月02日 23時18分記
今日は久しぶりに都心に出たのだが、あまりの暑さに驚愕した。時々我が家に来られる都心勤務の方が、都心に比べると、こっち(鎌倉)は涼しいですねと何度か漏らすのを聞いたのを思い出した。それにしても、年々暑くというより熱くなり、いったいあと20年、30年後はどんなことになってるんだろうなと思ったことだ。

そういえば、井戸水の話などで水温が14度とか16度とかで冷めたくていいというような話をTVなどで聞くことがある。しかし、昔(私が小学性の頃だから60年近くも前のことだ!)、生家の井戸(掘り抜き井戸を掘ったら自噴したのである)水の水温を測ったことがある(理科の自由研究のためだったか)が、いつも8度だった。水風呂などという言葉を知り、やや疑問を抱きつつも沸かす前のこの井戸水を入れた(昔は風呂に井戸水をばけつに汲んで運んで入れる(結構重労働)のは我が家では子供たちの仕事だったのだ)ばかりの風呂に、真夏の猛暑の日、時々挑戦するのだが、あまりの冷たさに1分も入っていられず、這う這うの体で上がったものである。

そう言えば、男の平均寿命もついに80歳の大台にのった。いつも女の伸びに負けているなと数字を以前は眺めていたものだが、今回見ていたら、様相が違う(直観的に)。それでちょっと暇だったので計算してみたら(1990年に対する2014年の比率)
男は106.0327
女は106.0195
で、わずかながら男が伸び率で上回っている。
ちなみに1990年に対する2000年の比率は
男は102.3709
女は103.2967
で、はるかに女が上回っていたのである。
この発見にちょっと感動。こうしたことに敏感に気付くのが株式投資には、結構役立つのである、と無理やり株にこじつけてみる。

話が拡散していると感じられようが、言いたかったのは、ぼんやり過ごしていると見落としてしまいそうだが、100年とか1000年といった長期でなくとも数十年で、このように時代は大きく変わっているということである。

今日は園芸植物の増やし方について書くのだった(単に本人の腹積もり)。前振りが長くなったので簡単に。
私はなんでも増やすのが好きなようで、植物を増やすのも好きである。『園芸植物の増やし方』(梧桐書院、1976年刊)などという本も後生大事に持っている。

2年くらい前から、私は道志川支流の斜面に、シャガ、アジサイをかなり広範囲に植えたら、素晴らしいだろうなと思い、せっせと植えている。
シャガは勝手に根を伸ばし増えてくれるのでいいのだが、アジサイはそうはいかない。それで挿し木で苗を作るのだが、天候に左右され、思うように増やせない。

そこで先ほどの本で調べたら、「水挿し」という方法が出ている。プラスチック容器などに川砂を2~3センチ入れそこに水を8分目くらい入れ、挿し穂を垂直にびっしり挿すというものである。
なるほどと思い川砂を買ってきて試したが、まったくうまくいかない。ただし、今もう一度読み返したら、やり方が少しまずかったかもしれないが・・・

その後もいろいろ考え、ついにひらめいた。植木鉢にびっしり挿し、雨によく当てる、あるいはポリトロなどにその植木鉢を入れポリトロにも水を数センチ入れておく、というやり方である。葉は水分の蒸散を防ぐため少しだけ残しあとは切り捨てる。びっしり挿すのはドンキホーテの圧縮展示にヒントを得たのである。
結果は大成功(9割以上が活着)であった。1鉢に20本ほどを挿し10鉢余り作ったので、一気に200本以上ものアジサイの苗木ができた。先日1鉢を誤って倒してしまったら、土から出た苗木からかなりびっしりと根が出ていて驚いた。
日曜は、この一部を植えに道志に行こうと思っている。

8月02日 0時31分記