FC2ブログ
不二サッシ(推)の株価は、156△3で寄った後152▼1まであったが、後場に入って出来高が増加、結局159△6の高値引けとなった。出来高1355800株は前日の1558900株より少ないが、後場だけでは783000株で前日の1日出来高の半分より多い。

不二サッシ(不二ライトメタル)の マグネシウム合金というのは、実は、かなり前から知られていて、2016年度で5億円、2018年度で10億円の売り上げを目指すというニュースリリースも、昨年されている。しかし、これは難燃化実現前の加工品の出荷額目標で、

KUMADAI マグネシウム合金がFAA で策定中の燃焼試験に合格!
~航空機への応用に大きな弾み~

という、熊大のニュースリリースを受けて、全く過去のもの、意味のないものになったと言ってよい。
なおKUMADAI マグネシウム合金には「KUMADAI不燃マグネシウム合金」と「KUMADAI耐熱マグネシウム合金」の2種類がある。難燃性が高い方の合金の発火温度は1050~1117度で、従来のマグネシウム合金の発火温度より約500度も高い。

【ボーイング社との共同開発に向け、協議をスタート】
パソコンの筐体向け等に、すでに現在も一般マグネシウムを販売しているわけだが、こうしたことでの売り上げは、たかが知れている。狙うのは、航空機用、自動車用、鉄道車両用などであろう。
実用化された金属でもっとも軽量なマグネシウム合金であるが、発火しやすいため、民間航空機用への使用をFAAが禁止、事実上世界的に航空機用には使用できなかったわけだが、FAA で策定中の燃焼試験に合格したことで、KUMADAI マグネシウム合金は、航空機用への使用に道が開けたわけである。

航空機への利用などが期待される、燃えにくいマグネシウム合金を開発した熊本大学が(4月)18日、熊本市中央区の同大で記者会見を開いた。すでに米ボーイング社との共同開発に向け、協議をスタートさせており、谷口功学長は会見で、「熊本をマグネシウム合金研究の拠点とし、オールジャパンで研究を支えてほしい」と述べた。
(朝日新聞デジタルより)

軽量化の実現で燃費効率が向上するわけで、航空機向けに加え自動車向けも有望である。結局、アルミ合金や炭素繊維と競合するわけだが、いずれは、これらに、かなりの部分、取ってかわることが期待できる。しかも、アルミ合金にしろ炭素繊維にしろ、多くの企業が生産しているわけだが、KUMADAI マグネシウム合金の生産をするのは不二ライトメタル1社のわけで、この観点からも、今回のこの材料の強烈さが分かろう。

いずれにせよ、来期予想PERが名目で7.1倍、実質でも9.6倍という株価は、この材料をほとんど織り込んでいない株価としか言いようがない。世界的大発明の成果を一手に享受する不二サッシの株価は、これから大きく居所を変えよう。

熊本大学は、この大発明でまさにお祭り騒ぎのようだ。同大学のHP等をご覧になると分かる。私は、
熊本大学、河村能人教授、KUMADAI マグネシウム合金 で
京都大学、山中伸哉教授、iPS細胞
を連想した。
iPS細胞では、関連銘柄が次々大暴騰を演じたわけで、KUMADAI マグネシウム合金での不二サッシの大暴騰を信じて待とう。

6月21日 0時36分記
不二サッシ(推)については、深夜に書くこととし、ここでは、今日の相場について簡単に。

ここ、これまでの反動もあって、主力株が軟調、一方小型株、2部、JQ等は、比較的しっかりのことが多くなっている。20日もFOMCの結果を受けて主力株中心に全般は大きく下落したわけだが、当道場銘柄は、高安まちまち、どちらかと言えば、値上がりするものが目立った。
ブレインパッド(推)が1338△68と急伸(4連騰)、日本商業開発(推)も上げた。アネスト岩田、リロHDも高かった。また前日乱高下の末急落して終わったVB、VRは逆に乱高下の末急騰して終わった。
注=この2銘柄の値動きを時間差もある当欄で的確に予測することは無理。各自リスクを自覚して対処されたし。小生も苦労してます。
あいHD(推)は838▼50と急落した。ここ4連騰した反動安だろうが、弱気になる必要は全くない。耐震診断、防犯システム(監視カメラ)、趣味用カッティングマシンがそろって絶好調のわけだが、加えてグラフテック(あいHDを構成する3社の内の1社)は3Dプリンタ「Dimension」を発売しており3Dプリンタ関連としても評価できる。

FOMCでのバーナンキ発言で、アメリカ株は急落、日本株も急落となったわけだが、これで、ようやくのどに引っかかっていた小骨が取れたとも言えよう。むしろ、為替は大きく円安になってきており、瓢箪から駒と言うか、日本の投資家にとっては、予想外のいい展開になってきたと言っていいかもしれない。少し前から、やや買い姿勢を高めていいのでは、と書いて来たが、この見方を、また少し強めていいところだろう。

6月20日 21時02分記
2013.06.20 不二サッシ
5940 不二サッシ(東証2部)
株価=153±0(06月19日終値)
出来高=1558900株(06月019日) (売買単位=100株)
2013年01月04日=84円~178円=2013年5月23日(年月日=年初来安値~年初来高値=年月日)
自信度=☆☆☆
推奨度=☆☆☆

「四季報からの有望株」(6.18日付け)で、以下のように紹介した。

5940 不二サッシ(東証2部) 145△5
知る人ぞ知るの「マグネシウム合金」について「米国連邦航空局の燃焼試験に合格。航空機用途有望に。」という衝撃的な記述がある。

読者の方に、これについて説明を、といった趣旨の質問をいただき、そう言われてもなあと思いつつ調べて、私の知らなかった驚異的事実がいくつもでて来て、これは大変なことだぞ!!と、驚き、いつどのタイミングで推奨しようかと熟慮してきたのである。しかし、その後、出来高は増加、待ったなしの情勢なので、FOMC直前ではあるが、ここに推奨に踏み切るわけである。

KUMADAI マグネシウム合金がFAA で策定中の燃焼試験に合格!
~航空機への応用に大きな弾み~

これは熊本大学が本年の4.18日付けで報道機関に対して行った【プレスリリース及び記者会見(東京都)のご案内】の見出しである。

不二サッシ、正確には同社の子会社の不二ライトメタルは、かなり前からマグネシウム合金の研究・実用化に取り組んできた。同社のHPの説明が分かりやすいので以下に引用する。

現在私たちは、アルミニウム押出加工技術をベースに更に軽量な金属であるマグネシウム合金の 押出加工技術の研究・開発に取り組んでいます。
 マグネシウム合金は、アルミニウムの2/3、鉄の1/4の重量と非常に軽い金属です。 しかし強度や耐熱性等、多くの課題があり、これまで押出加工技術の研究・開発は 進んでいませんでした。
 そこで私たちは、マグネシウム合金の押出加工技術開発を目的として2003年9月より研究開発事業に 積極的に参加し、国立大学法人熊本大学を始めとする大学・専門学校及び数社の企業と共同研究を 実施し、高強度マグネシウム合金の大型化技術を開発致しました。熊本大学で開発された次世代耐熱 マグネシウム合金は、アルミニウム合金を凌駕する高強度、高耐熱性をもち、自動車軽量化を 目的とした材料等、あらゆる分野での事業展開が期待されています。
 2006年12月からは、熊本県を中心とした産学官連携による大型プロジェクト 「次世代耐熱マグネシウム合金の基盤技術開発」に中核メンバーとして参画しました。 本プロジェクトは世界でも最先端の研究開発であり、その成果はあらゆる分野での展開が見込まれます。 自動車の軽量化による燃費の向上が実現すれば二酸化炭素排出削減にもつながり、 世界的に喫緊の問題となっている地球温暖化防止に大きく貢献できると期待されています。

そして、ついに4月、この「KUMADAI マグネシウム合金」が米国連邦航空局の燃焼試験に合格したというわけである。熊本大学では、研究人材の育成と材料研究推進を図るために「熊本大学先進マグネシウム国際研究センター(MRC)」を設置し、マグネシウム合金の研究開発拠点となることを目指しているわけだが、これを実用化で支えるのが800kg溶解炉を有する先端技術・実証評価設備工場を完成させた不二ライトメタルなのである。

「KUMADAI マグネシウム合金」や河村能人・熊本大学先進マグネシウム国際研究センター長は、すでに国際的にも高い評価を受けているわけだが、長くなったのでこうしたことについては、後日詳述することとする。

要するに、夢の合金だったマグネシウム合金の世界初の実用化が、熊本大学と不二サッシ子会社によって間近に迫っており、航空機材料、自動車用材料を始め、さまざまな用途に、無限の需要が期待できるということである。
株式市場的に、分かりやすく言えば、炭素繊維を想起されると良い。東レといえば炭素繊維だが、東レの年間売り上げは1兆8400億円(2014.3月期予想)、一方、不二サッシの年間売り上げは1030億円(同)に過ぎない。株価もわずか153円、今期予想実質PERも9.3倍に過ぎない。これだけでも、この材料の衝撃度がある程度お分かりいただけよう。

6月20日 1時16分記
18日の相場は、為替がやや円高になったことが響いたようで、アメリカ株高にもかかわらず、日経平均は小幅安で終わった。
ただ、小型株には値上がりするものも多く、2部、JQ、マザーズは、そろって高かった。

こうした状況で、当道場銘柄には堅調なものが多かった。あいHD(推)、ニチリン(推)、ブレインパッド(推)が高く、また内需のリロHD(推)、共立メンテナンスも大幅高。FPG(推)、イーギャランティ、ウェッジHDなどの資産運用・金融関連銘柄も上げた。ここ連日上げている日本商業開発(推)は、この日も上げ、逆に全くいいところ無く下げ続けていたウッドフレンズ(推)も、さすがに下げ過ぎが意識されたか3連騰となった。日本社宅サービスも3連騰。トラストパーク(推)、アストマックス(推)は下落。

注=推奨株で下げていて小生が触れない銘柄はダメということかといった趣旨のご質問がある。業績下方修正などの悪材料で下げたような銘柄には、そういうケースももちろんあるが、ここ触れてこなかったのは、相場全般の分析・見通しに紙幅を割かざるを得ず、下げている銘柄に限らず個別銘柄まで手が回らなかったのが、主な理由である。

前稿で「 四季報からの有望株 」として取り上げた8銘柄は

3175 エー・ピーカンパニー(マザーズ) 2120△40

3393 スターティア(マザーズ) 1185△60

4820 EMシステムズ(東証1部) 1881△18

5940 不二サッシ(東証2部) 153△8

6381 アネスト岩田(東証1部) 452▼1

6652 IDEC(東証1部)942△16

7408 ジャムコ(東証2部) 1176△40

9619 イチネンHD(東証1部) 674▼3

で、大半の銘柄が値上がりした。
イチネンHDは、この値下がりをどうみるか微妙だ。時間がかかる恐れがあり、積極的には、下げたからといってここを買うのはお勧めしない。
逆にアネスト岩田は、前日まで3連騰していたので一息入るといいのだがと思っていたところであり、この押しは歓迎。業績絶好調であり、面白い材料もある(いずれタイミングをみて公表の予定)ので、ここは仕込み場とみる。

現在、アメリカ株は0.8%程度の上昇、円も1ドル95.31円前後の円安となっている。相場の乱高下にも、ようやく終止符が打たれようとしているのかもしれない。FOMCを控えており、また円相場次第なので予断は許さないが、徐々に落ち着きを取り戻そうとしているとみてさそうだ。

6月19日 0時51分記
17日の相場は、アメリカ株安、円高を受けて安寄りしたが、円の対ドル相場がじりじり円安になるに従い戻し、結局高値引けとなる13033△347の大幅高となった。FOMCでのバーナンキ発言を気にしている市場だが、やや懸念がうすれているようだ。ただし予断を許さないのには変わりないが・・・

現在アメリカ株はNYダウ、NQとも1.3%程度の大幅高、円相場も94.93円程度とやや円安で、つれてCME日経平均先物も小幅高、こうした環境が続けば、前稿で書いたような日本株の割安さが、意識されることにもなろう。とりあえず、慎重さを維持しつつも多少、持ち高を増やすところか。

相場環境が悪くて止めていたが、以下新四季報から発掘した妙味株を挙げておこう。

すでに大きく上げてしまった銘柄は、省いた。
3751日本アジアグループ、4107伊勢化学、6073アサンテ、6282オイレス工業、6390加藤製作所、9381エーアイテイーなどである。

四季報発売後、あまり上げておらず、ここから狙って良さそうな銘柄を以下に示す。

3175 エー・ピーカンパニー(マザーズ) 2080▼11
生産・販売直結の居酒屋チェーン。急成長続く。農水省と10億円投資ファンド組成。

3393 スターティア(マザーズ) 1125△7

4820 EMシステムズ(東証1部) 1853△62
処方箋情報電子化の波に乗る。来期経常利益は11.5%増予想。

5940 不二サッシ(東証2部) 145△5
知る人ぞ知るの「マグネシウム合金」について「米国連邦航空局の燃焼試験に合格。航空機用途有望に。」という衝撃的な記述がある。

6381 アネスト岩田(東証1部) 453△2
今期予想経常利益は会社予想を1億円上回る31億円、来期も35億円と好伸。

6652 IDEC(東証1部)926△47
業績急伸が続く。

7408 ジャムコ(東証2部) 1136▼19
2015.3月期は48%増益予想。前日135円高しているので押し目を待ちたいが・・・

9619 イチネンHD(東証1部) 677▼1
今期予想経常利益は会社の43.6億円に対し48.6億円。来期予想実質PERは5.5倍。

6月18日 0時56分記
前稿の末尾に書いた野村證券の「世界的なPER上昇」に関する部分が、とりあえず判明したので、ここで書いておこう。営業マン氏の手をわずらわして分かったのである。感謝。

2013年度の世界各国・地域のPERは以下のとおり。

アメリカ =14.9倍
ヨーロッパ=12.5倍
アジア  =12.6倍
日本   =13.8倍

注1=ファックスしてもらおうとしたらよく分からない理由でまずいというので、電話で聞いたので、詳細は不明。冊子(日本株投資戦略6月号)が届いて、訂正すべき点等があれば、後日訂正することとする。
注2=日本のPERは日経平均採用銘柄のものと思われるので、以下そういう前提で話を進める。

ぼんやりこれを眺めていれば、日本のPERは、世界の平均ってとこだな、となるが、そういう見方ではまずい。
歴史的にみて、日本のPERは、この半世紀、ほぼ常に世界で最も高PERであった。1960年代、70年代では、株式持ち合いの影響が大きかったと考えられる。その後のバブル期にはさらに突出して高PERになった。バブルが崩壊し、海外投資家の持ち株比率も上昇する中で、ようやく日本株も、世界の主要国(韓国、中国等を除く先進各国)と、さほどの差は無いPERになっていった。1990年代後半から現在に至るまでは、PERの高い順に言うと、おおむね日本、アメリカ、ヨーロッパだったように思う。そして、ヨーロッパより、少し差のある低PER国として韓国、中国が続いた。とすれば、上表で日本以外のPERは、おおむね納得できるのである。

以上のような分析が妥当とすると、上表で、どうみても低PERなのが日本である。ヨーロッパよりアジアが高PERになっているのは、現在のヨーロッパ経済の厳しい状況からして違和感は、あまりないだろう。

日本の場合、もともと、ほぼ一貫して、最も高PERであった。さらに、現下の企業業績は、最も好調である。さらに円安で今期業績は多少の上方修正が期待できる(日本企業の想定為替レートは93円台半ばなので94円台半ばから後半の現在のレートでは差益が、なお発生する)。

このように考えてくると、日本株のPERは、単純にはアメリカをやや上回る15.4倍~15.6倍。アメリカとアジア、ヨーロッパの差が大きすぎる、アメリカが多少高PERなのではないかという視点に立って考えると(アメリカを14.0倍から14.5倍が妥当とみて)14.5倍~15.0倍。
この2つの見方の中間をとって14.95倍~15.3倍。つまり15.125倍前後が妥当なのではないかというのが、私の結論である。
15.125倍とすると日経平均はいくらになるか?
14日の日経平均採用銘柄のPERは14.2倍。日経平均が12687円。これを基に比例計算すると14.875倍では13513円。

野村證券の言う18000円とは、かけ離れた数字になったが、それでも、現在の日本株(13033円)が、かなり売られすぎの水準にあり、大きく下げる余地は小さいことが判明したとは言えよう。為替がもう少し円安になるとか、アメリカ株が上昇するとかすれば、14000円~15000円も十分ありえよう。

相場見通しについては深夜の予定(爆睡とかなければ)。

6月17日 20時45分記

少し間があいてしまったが、最初に14日の相場について振り返っておこう。
14日は、アメリカ株高、円安という好環境に恵まれ、前日日経平均で844円安と急落していたこともあり、大幅な反発が期待された。実際456円高まであったが、その後はじりじり値を消し、結局大引けは241円高にとどまった。それでも、この数字だけ見れば、まあまあの値上がり幅と思われがちだが、実態は、かなり違う。すなわち、騰落率を見ると、日経平均こそ+1.94%だがTOPIXは+1.18%にとどまる。また騰落銘柄数も値上がり960、値下がり635で、大幅高にそぐわないものだった。また2部+0.34%、JQ+0.35%と、そろってわずかな値上がりにとどまっている。
こうした結果になったのと同時並行的に、為替相場も対ドルで1ドル95円台後半で始まったのが、94円台半ばくらい(正確なところは、メモしておらず不明)まで円高になった。

何度も書くように、結局、株価と円の対ドル相場が密接にリンクしており、依然、この悪い呪縛から逃れられていないことを示す相場だったわけである。そして、このリンクさせているのが、いわゆるヘッジファンドを始めとする外国人投資家なことは、言うまでもない。

14日のアメリカ株はNYダウが15070▼106、NQが3424▼22と下落、為替も1ドル94.08円と、円高が進んでいる。つれてCME日経平均先物も12515円とかなり安くなっている。

18日から19日のFOMCを控え、一段の下押し懸念こそあれ、大きく戻す展開は、目先考え難い。この意味で、一段とリスク管理に気を配りたい。

野村證券が6月14日、株価予想の前提を「回復感に乏しい業績」と「アベノミクスに対する期待感」の組み合わせから、「業績回復」と「世界的なPER上昇」の組み合わせに切り替え、2013年末の株価目標を日経平均で1万8000円(従来は1万6000円)に引き上げたという。
証券会社の目標株価などというのは、万年強気と決まっていて、ほとんど意味がないというのが、私の考えだが、それでも「世界的なPER上昇」という文言に惹かれた。日本株のPERは低下、アメリカ株は史上最高値に近い水準にありPER上昇で、日本株のPERが世界的に見てもかなりの、恐らくは歴史的な低水準(相対的にみて)にあるのではないか、という趣旨のことを、何度か書いて来たが、野村は同じことを言っているのではないか。週明け早々にも調べる予定である。

6月16日 23時32分記
13日の相場は、前日のアメリカ株がかなりの値下がり(NYダウは127ドル=0.8%安で15000ドル割れ)となったうえ、立会い開始後、さらに円高が進み1ドル94円台前半まで行ったことで急落、日経平均は12445▼844、6.35%安で、異次元緩和発表の4.04日の終値を下回った。

さすがに、ここまで下げると、誰の目にも行き過ぎと見えるレベルに来たように思われる。もちろん、株価は心理要因を含む多くの要因に左右されるので、確定的なことは言えないが、いいところに来ているのではないか、ということも頭において、今後の相場を見ていきたい。

現在、日経平均先物 ・大証(夜間)は12680円で、13日の東証の終値に比べ235円ほど高くなっている。円相場は1ドル93円台後半まであって、現在は94.25円前後。この水準は、13日の東証の株式の立会い終わり頃と比べてほぼ同じかやや円高かといった水準。それでも、先物の株価が大きく上げているというのは、株式相場が、やや為替離れをしている兆しかもしれない。

SQ通過となる14日の相場も見つつ、上記のような見方でいいか検証し、今後の相場動向を見極めていくことになる。

現在、四季報夏号を読んでいる。
明日以降、成果は書くこととするが、推奨銘柄等で気付いたことをいくつか書いておこう。

アストマックス(推)=2013.3月期の経常利益は600万円、2014.3月期予想は会社は出していないわけだが、四季報前号は0.8億円予想。それが今号では5.0億円、さらに2015.3月期は8.0億円予想になっている。1株利益は名目・実質とも、2014.3月期22.9円、2015.3月期36.6円となる。配当も、前号で、今来期とも0~2円としていたのを今号では今来期とも0~7円にしている。

リロHD(推)=経常利益は2014.3月期80億円予想(会社・四季報とも)だが2015.3月期は88億円、配当も10円増配の90円を予想している。

日信電子サービス、アネスト岩田、IDEC、あいHD(推)なども、今期に続き来期も好業績を予想、好意的な記述になっている。

6月14日 0時53分記
2013.06.13 円高進行
12日の相場は、前日のアメリカ株が安く引けたこともあるが、それ以上に円高が大幅に進んだことが響き、日経平均は大幅安で始まり、安値では300円以上の急落となった。ただ、その後は徐々に戻し、結局28円安の小幅な値下がりで終わった。
これで円高にならなければ、ようやく戻り相場入りかと、期待を抱かせたが、NY株式市場の取り引き開始頃から徐々に円高が進み、この淡い期待も打ち砕かれた。
NYダウは開始(日本時間22時30分)直後は100ドル以上高かった。その時点で為替相場は1ドル96円台半ばで、日経平均先物 ・大証(夜間)は12日の終値比で20円安前後だった。
その後、ほぼ一貫して為替は円高がじりじり進んだ。そして、前に書いた0.1円の円高で日経平均は40円~80円安を実践する動きとなった。悪いことに変動幅の上限の80円かそれを少し上回るくらいの下げとなっている。

現在(0時06分)、
1ドル95.89円で日経平均先物・大証(夜間)は13140円(149円安)
1ドル95.67円を少し前に付けたときは同13090円(199円安)まで下げた。
なおNYダウはじりじり下げてきており、現在はほぼ前日比変わらず程度であり、このことからも、日本株がNYダウではなく、まさに為替相場とぴったり連動していることが分かる。
注=( )内は、日経平均の12日の終値と比較しての騰落幅。

要するに、いまや日本株は円の対ドル相場の写真相場と成り果てている。これが終わらない限り、本格的な出直りは難しい。こう書いてきたわけだが、日経平均先物・大証(夜間)の今の動きをみる限り、この見方を変更する必要はなさそうだ。
息が詰まりそうな相場だが、現実は受け入れるしかない。強い心で、なおしばし我慢を。

6月13日 0時20分記
11日の相場は、前場は小動き、ほぼ横ばいで終了したが、日銀の金融政策決定会合で長期金利の上昇抑制に関し新たな対策を打ち出さなかったことで、失望感が広がり、株式市場の昼休み中に為替市場で円高が進行、後場開始とともに株価は下落、結局日経平均で197円(1.45%)となった。
ただ前稿で予想したように、小型株は比較的堅調で、2部指数、JQ平均は値上がりした。

内閣府と財務省が発表した法人企業景気予測調査によると、景況感指数(4-6月期の大企業の景況感)は7期ぶりの高水準となり2四半期連続の上昇だった。日銀も景気判断を6ヵ月連続で上方修正した。
こうした日本経済の好調を示す材料があるにも関わらず、長期金利上昇抑制策が出なかったというだけで、あれだけ、簡単に急落するところに、現在の相場の弱さ、脆さがある。

円高即株安のいやな連鎖がなくならない限り、相場はおちおちやってられないというのが、現在の状況だ。やはり、持ち高は極力少なめにし、相場環境の落ち着きを待つところだろう。

現在の円の対ドル相場は、東証の大引け頃に比べ、さらに1円以上円高の96.76円程度になっている。つれてCME日経平均先物も160円程度安くなっている。
為替相場の落ち着き(大まかな目安としては1ドル98円以上で定着)がない限り、いつまた急落があってもおかしくない状況だと、心得、慎重にいくところだろう。

6月12日 0時20分記

追記=その後、数10ドル下げていたNYダウが、ほぼ変わらずまで戻し、為替も1ドル97.07円程度まで円安になった。つれて日経平均先物・大証夜間は68円安程度まで戻している。(0時42分記)