FC2ブログ
先週末の下げで早や、調整は1~2カ月間続く可能性もとか今週は短期的調整局面かといった見方が出ていた。
しかし、アメリカ(NYダウ)が先週末2年7ヵ月ぶりの高値をつけたのに対し、日本は、昨年の11月初から上げてきたとはいえ、一気に昨日の下げで大発会の終値を下回ったのである(昨年末=大納会終値は上回っている)。
日本の2年7ヵ月前くらいの高値は、どれくらいだったのか。調べてみた。適当な資料が手元にないので、月足チャートで調べたので、アバウトな数字になるのをお許し願うとして、2008年6月末に14600円くらいを付けている。
要するに、アメリカの、現在の株価水準というのは、日本株で言えば14600円くらいなのである。それなのに、ここ2カ月半で15%上げたからといって、2日間で3%近く下げて10275円になり、さらに調整局面入りというのは、やや納得しかねるところだ。

上げたら強気下げたら弱気では、株式投資で成功はおぼつかないというのは、私が常々言っていることである。
信念と単なる思い込みの判別が難しいので、信念の人(不肖鎌倉雄介のことですな)が奈落に落ちることもあるわけで、難局に直面しての判断力、臨機応変の変わり身の早さ、そういう総合力でこそ、相場師の力量が問われるのだろう。
とまあえらそうなことを言ってしまったが、要するに、強気堅持ということである。

個別銘柄について。

帝ピス(TPR)(推)は24日、急反発した。なお相場を残しているとみていいのかもしれない。
フコク(推)も21日、24日の2日間で見れば+1円で底堅い。強気でよい。
トープラ(推)が21日の急落を受けての24日は結局1円高どまりながら反発した。ここからは、少なくともある程度は戻そう。

リケンテクノス(推)は24日の変わらずを含め3日間の調整。近々出直るとみる。この銘柄こそ信念を持って。

25日は電産トーソク(推)の決算発表。


1月25日 1時10分記

24日午前3時頃、足立区のアパートで、64歳の男性が隣室の73歳の男に日本刀で切られるという事件があった。近隣住民の110番で綾瀬署員が駆けつけたが、52歳の男性警部補が左手の親指を切断する重症を負った。

こういう事件が起きるたび、私は、警察は何をしてるんだと、怒りと情けなさと諦観のないまぜになった気持ちに襲われる。

日本刀を持って暴れているという情報は、警察は把握して出動したはずだろう。それなのに、旧態依然、拳銃以外は警棒しか持たずに行って、日本刀男に、なすすべなくやられる。それも73歳の老人にだ。これが稀有な事件というならともかく、毎年複数件あるんではというくらい起きているのだ。それなのに、何の対策も採られず、ほいほいと、ほぼ徒手空拳で出かけ毎回のように切られる。現場の警察官諸君が、かわいそうではないか。

どうすればいいか。言うまでもない。警察署、派出所等に盾を常備、出動対象が刃物を持っているときはもちろん、その恐れが多少なりとある場合は、盾を持って出動するようにすればいいのである。
どうして、こんな誰でもすぐ分かる対策が採られないのだろう。機動隊が保有しているようなジュラルミン製の立派なものでなくても、まあいいだろう。
私が,警察官だったら、仕様がないから、手製の盾というか、盾の役をしそうな何かを、自分で用意して出動することだろう。指や命を、日本刀男や何かに奪われては、たまらない。

警察関係の方、本稿を読まれたら、我が案を、真剣に検討されたし。

1月24日 20時54分
週末の急落をどう見るか。見方は、分かれるようだ。

昨年11月くらいから一本調子に上げすぎた。騰落レシオから見ても、警戒信号が出ていた。
中国の再利上げ懸念等、新興国のインフレ、引き締め懸念
単なるテクニカルな調整

どれも、それなりに当たっているだろうが、基本的に、弱気になる必要はないと、私はみている。
新興国は、経済過熱が懸念されるわけだが、逆に言えば、それだけ経済が強いということで、中産階層増加による消費意欲の高まりは、世界経済をなおしばらくは牽引し続けるであろう。一方アメリカ経済は順調に回復軌道に乗りつつある。

騰落レシオについて言うと、日経は23日朝刊で「騰落レシオ(25日移動平均)は20日まで『買われすぎ』を示す120%を32日連続で上回っている。」としている。しかし21日は値下がり銘柄数が1500に達したため21日段階で一気に110.33%まで低下しているのだ。(そんなことは、いくらなんでも分かりそうなもので、沈思黙考した末の結論=23日朝刊の原稿は21日の立会い終了後発表の騰落レシオを確認せずに書いた。もしそうなら、もっとまじめにやれと言いたい)
また24日から、いよいよ10-12月期決算の発表が本格化する。すでに織り込み済みといった見方もあるようだが、私はそうは思わない。9月中間決算発表時点で、企業は下半期を極端に控え目にみていた通期予想を多少増額した。しかし、どうみてももっと増えそうということで四季報は、多くの企業について独自に増額している。為替相場は、1ドル80円、1ユーロ110円に設定し直したところが多いが、現実の相場は、これより円安に推移している。よって、これからの決算発表では、好業績がサプライズを持って受け止められるケースが、かなり多く見られることになるのではないか。

というわけで、日経平均やTOPIXがどう動くかはともかく(私は、個別銘柄の動き、儲かる相場かどうかを重視している)、割安好業績な中小型株は、基本的に堅調に推移するとみている。

1月23日 23時53分記
土、日と道志に行き、先ほど、帰宅。
道志川支流の宝永沢川の上流、雄滝・雌滝をさらにさかのぼった第2雄滝・雌滝(と私が勝手に命名)のすぐ下から引いている我が家の水が、完全にストップ。数ヵ月前、地元の人に付けてもらった鉄鎖があるので、今回は比較的簡単に水源にたどり着き(この前は死ぬかと思った)、土砂に埋まった塩ビ管などを掃除、やれやれと帰還。しかし、なんと、水はまったく来ていないではないか!!徒労に終わった水源行であった。水復旧の手立てを考えなくては。

崖崩れで景観が損なわれた宝栄沢川で岩を動かしたり枯葉を除いたりしていたら、水面がほとんど枯れ落ち葉で覆われたなかで、結構大きな魚が、もがいている。急行してつかむと、一瞬ウナギかと思ったが、ヤマメであった。24センチくらい。
半世紀も前、野積(新潟県長岡市寺泊町=魚のアメ横として有名の北)に海水浴に行ったとき、近くの川に、ヤマメかイワナと思しき渓流魚がいるのだが、あまりにすばしこくて、ああ網があったらと嘆いたものだと、はるかかかなたのことを、思い出した。宝永沢川のヤマメは、鈍いわけではないのだが、実は、捕まえたのは、これが2回目。川が平地をスーと流れているわけではないので、逃げ場所がなかったりして、捕まえることが出来たりするわけだ。小岩で囲ったところに入れて見ていたが、なんとしても脱出しようという意欲がものすごく、井伏鱒二の山椒魚のようなことにはならず、遂に枯れ落ち葉で作った堰堤を駆け登り、下流に流れ落ちるように泳いで行った。

道志川にいるやまめは養殖もの(稚魚を放流)だろうが、こちらは天然もの、さぞかし食べたらうまかったろうなと、あとで思ったことだった。
では、こんな岩だらけの、泳ぎ下ることは出来ても、昇ることは不可能そうな渓流の上流にも、なぜやまめやいわながいるのだろうか。
これは、小鳥が卵を運ぶからだとある本で読んだように記憶するが、今思い出すと怪しくなってきた。後日、調べて、正確なことを書きたい。ある本というのは、森下雨村(『新青年』初代編集長)の『猿猴川に死す』。

月曜以降の株の見通しについては、もう少ししてから書きます。
ご愛読、よろしくお願いします。

1月23日 21時31分記
21日の大幅安で、日経平均、TOPIX,単純平均すべて大発会を下回ってしまった。
これまで営々と稼いできたのを、わずか2日で、全部はきださせられたわけだ。しかしもちろん、当欄推奨株は、そこまでだらしなくはない。「あの100万円は・・・」銘柄を持ち出すまでもなく、ほとんどの推奨株が、それなりにがんばっている。

大相場になるには、どこかで大きく押すことが、ほとんどの場合、必要である。これは面白いくらいそうなのである。この意味で、リケンテクノス(推)の動きについて、私は一抹の不安を感じていた。ほとんど、押さないからである。それが今日は、一気に安値では6%近い下げを演じた。これで、大相場への条件が整ったと言えよう。月曜日、200円台で寄るようなら、買ってもいいだろう。

フコク(推)が異常に強い動きで4連騰と逆行高した。この銘柄の場合、企業年金基金特損で急落したのが、良かったのである。1000円乗せの公算が強まった。

帝ピス(推)、トープラ(推)、扶桑化学(推)など、ここ大きく上げた銘柄の多くが、急落した。とりあえず、ある程度は戻るだろうが、再度高値挑戦となるのか、それは無理なのか、これは月曜以降の相場に聞いてみるしかない。

いよいよ、遅ればせながら、日本も来週以降、決算発表が本格化する。当欄推奨株では、まず25日に電産トーソクが発表する。電産グループの常として、いい数字が期待できるのではないか。
27日、28日のニフコ、エプソンに続き、31日にはフコク、そしてカワタが発表する。カワタの場合、推奨時に書いたように、上方修正が確定的なので、楽しみに待ちたい。

1月22日 1時01分記
2011.01.21 好事、魔多し
21日の相場(前場終了段階)は、日経平均こそたいした下げではなかったが、値上がり銘柄数233、値下がり銘柄数1321で分かるように、実質的には、かなりの下げだった。
特に当欄推奨株のような、これまで大きく上げた中小型株の下げがきつかった。

[相場師]
株式投資に命を賭ける人。
時に天に昇るが
時に仮死状態に陥り、ごくまれにそのまま昇天することもある。

『悪魔の辞典』ふうに書くと、こんなことになろうか。

仮死状態になってもいられないので、そこそこ値を保っていた内外テックとリケンテクノス(9時以降かなりの間変わらずだった)を、少し売り、トープラを142円(前日比12円安)、その後急落したリケンテクノスを293円(同16円安)、294円で買い指値していたら、簡単に買えてしまった。さらに下げると参るところだったが、一応読みが当たり、その後、やや戻している(前場終了段階)。

今日の下げは、最近の低PER買いの反動という側面が大きいと思われる。中国の金融引き締め等はあるが、アメリカ株の下げは限定的であり、為替は、今日はむしろ円安である。基本的に弱気になる必要はない。

ただ、今後、物色の方向に多少の変化が起きる可能性はある。そういうことも含め、後場の相場を見よう。

1月21日 12時12分記
今日、中国の10-12月期、および2010年年間のGDPが、発表された。
日本を抜いて世界2位にと、マスコミは騒いでいるが、そんなことは、とっくに分かっていたこと、問題は、日本の統計が、なぜかくも遅いのかだ。日本の同期のGDPはまだ発表されてないのだ。過去の例からすると、1月28日頃と推測される。

企業決算の発表も韓国より1ヵ月、アメリカより1ヵ月弱遅いことは、すでに述べたとおりである。さらにショックだったのは1月14日の日経の記事。「印インフォシス最高益」という記事だが、なんとこれは10-12月期なのだ。つまり、インドも韓国、アメリカ並みに、日本より決算発表が早いようなのだ。

考えてみれば、これまで、日本はいろんな分野で、世界トップクラスと言われてきたのが、ここに来て、ほとんど、全部と言いたいくらい多くの分野で、とんでもないことが次々に明らかになっている。

①世界に誇る国民皆保険皆年金制度=未納者続出、データ消失等で半崩壊状態
②世界トップクラスの医療=世界標準となっているようながんの新薬が、日本では承認されていず使えない等、問題噴出
③教育への公的支出はGDP比、主要国で最低
④貧富の差の少ない平等社会というのも、ジニ係数などを見ると大いに怪しい
⑤終身雇用等安定した雇用、低失業率を誇っていたはずが、非正規雇用の急拡大等で分かったことは、セーフティネットなど無きに等しい惨憺たる状況に、日本の労働者は置かれているということ
⑥車、リチウムイオン電池等ダントツと思っていた分野もがたがた
⑦町並みの景観=欧米に比べ情けない状態なのは分かっていたが、最近思うのはアジア各国と比べても負けているような・・・
⑧世界に誇る戸籍制度=例の足立区の即身仏事件で判明したことは、ほとんど使い物にならないいい加減なものだった
⑨安全安心な食品=毒入りギョウザ事件等で中国冷凍食品等の安全が問題にされたが、いろいろ詳細が分かってくると、少なくとも中国の輸出用の大工場などは、日本よりむしろきちんとしている、有機栽培などについても日本は基準がいい加減なようだ
⑩「世界一じゃないとだめなんですかあ」とか言ってたテンホーじゃなかったチーホーでもなくて、そうそうレンホーとかいう人がいたが、スーパーコンピュ―タも中国に抜かれてしまった

挙げていくときりがないので、この辺でやめよう。むなしくなるだけだ。

思い起こせば、もう20年位も前になるだろうか、『ストロべリー・ロード』(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)を書いた石川好氏が、何かの病気で、インドで治療してもらったら、結構良かった、日本以上かも的なことを言っておられた。あのインドがあ、ホントお?てなもんだったが、その後のインド(人)の躍進は素晴らしく、数学力は日本人を凌駕、医療水準もかなりなことが知られるようになった。
今医療ツーリズムにアジア各国が力を入れ、日本は出遅れたような言われ方をされることが多いと思うが、問題は、日本の医療水準が、実は韓国、インドあたりと比べて、必ずしも上と言い切れないのではないかということで、そういう実態が次第に明らかになりつつある。。最先端分野や、誰でもそこそこの医療を受けられるといった点では、まだトップクラスかもしれないが、その他の点、システマティックに患者を受け入れる、電子カルテなどの点では、逆に大きく遅れているようなのだ。

何はともあれ、統計の発表をもっと早くせよと言いたい。

次に、もはやジャパンアズナンバーワンとか日はまた昇るなんていうレベルではなく、ぼろぼろになったダメ日本を、どう立て直すか、早く処方箋を書かなくてはならない。日本に人材はいないのか。

注=テンホー(天和)、チーホー(地和)は麻雀用語。他意はありませんので深読みなさらぬよう。

1月20日 20時45分記
2011.01.20 カワタ
6292カワタ(JQ) 370円ヤリ(1月19日気配)

こういう出来高の少ない銘柄を推奨するのには、いろいろ迷ったのだが、19日、かなりの売り物が出てきて、逆に、これなら行ける=推奨して読者からの買いが多少入っても、売り物はあるだろう ということで、推奨株にする決断をした。

調べれば調べるほど、この会社の技術力、将来性、それに反し安すぎる株価に惚れ惚れする。
プラスチック成形機向け周辺機械メーカーで乾燥機、搬送機などが主力。大証2部の6245ヒラノテクシードと相通じるところが多い。

中国、マレーシア、インドネシア等アジアが想定以上に好調で、業績は前期の赤字から急回復している。
今期の経常利益は当初3.1億円としていたのを昨年10月29日に4.6億円に増額修正している。四季報は5.0億円を予想しているが、鎌倉雄介はさらなる増額必至と見ている。
この根拠を示そう。
2010.9上半期(予想)=1.5億円
2011.3下半期(予想)=1.6億円
というのが当初の会社発表の予想だったが、実際は
2010.9上半期(実績)=3.31億円
となった。

これを受けての2011.3通期=4.6億円(会社発表)というわけだが、これだと、下半期1.29億円しか稼げないという予想だ。四季報予想でも下半期1.69億円しか稼げない計算だ。いくらなんでも、こんなことはないだろうというのが、私の見立て。2.7億円~3.5億円くらいは稼げるだろうと見る。つまり通期では6億円~6.8億円と予想する。
6.4億円とみて利益はその6割=3.84億円。1株利益は54.1円となる

以上は今期の話。来期は四季報によれば56.4円、実質値では59.2円。ただし、今期の数字が私の予想程度になるとすれば、来期もそれに準じてアップ、1株利益は65円~75円程度が期待できよう。70円とみればPERは5.3倍となる。ちなみにヒラノテクシードは今期業績を増額修正したが1株利益は53.8円。株価は1345円!!PER25.0倍。

注目材料は、リチウムイオン電池に関して、同社の持つ高い技術が生き、今後高い伸びが見込まれることがある。
すなわち、
スーパーミキサー(混合機)による乾式混合技術
セパレータの製造過程で原料輸送乾燥供給システム
が、有望で高い伸びが期待できるのである。
詳しくは同社HPを参照されたい。
「CD(コンパクトディスク)出現の裏にカワタの技術力」と謳っているくらいで、同社は、その技術力に絶対の自信を持つ有望企業なのである。

今期は一気に7.5円~10円の復配見通しだが、業績好調から10円配の可能性のほうが大きそうだ。

[作戦=どう買うか]
19日大引け時点の板
買い物は357円1000株までなし
売り物は370円5000株、374円1000株、375円8000株、380円1000株などとなっている。375円以下ならいいと思うが、怖ければ370円以下の指値。とはいえ、20日の気配がどうなっているかを見ないと,はっきりしたことは言えない。臨機応変、うまく対応してほしい。

斉藤祐樹には何かがあると言われるが、鎌倉銘柄にも何かがあると言えそうなのが、ここに来ての鎌倉銘柄の動き。となれば、あまり悩まず、ともかく1000株でも仕込むことを、お勧めする。
「あの100万円は・・・」銘柄はリケンテクノスの快進撃に続き、太陽工機が自社株買い発表で20日の大幅高必至となれば、次はこの銘柄だろうという読みに加え、同社の決算発表が1月31日なので、その前に先回り買いしようという作戦である。

注=「推奨銘柄」なので、「時価」を明確にしておく必要がある。形式的には直近の値段=375円(1月14日)ということになるが、19日の最終気配が357カイ(1000株)370円ヤリ(5000株)なので、370円とすることを、あらかじめお断りしておきます。

1月20日 0時36分記
太陽工機(「あの100万円は・・・」組み入れ銘柄)、前日の記事で、援軍が来ないかなあと、孤独な戦いを独白したら、思わぬ強力な援軍が現れ、驚いた。
自社株買いである。今日16時に、10万株、1億円を上限に自社株買いを実施すると、会社が発表したのである。この株数は総発行株数の3.4%で、まずまずの規模。時価684円に対し、10万株1億円ということは1株1000円ということで、先高期待が膨らむ。
そしてなにより無配予想の会社が、自社株買いをするというのは、先行きにかなり自信を深めているということと、想像される。

現時点でPTSで711円に買いが入っている。明日はかなりの値上がり必至だろう。

1月19日 21時50分記
12.15付け推奨株の扶桑化学工業が急伸、一気に昨年来高値2519円を大きく更新した。高値2577円まであって引け値は2542円△151円

推奨時株価が1928円(翌日寄り付き値1942円)で、そのとき
>また年初来高値が2519円と、現在値から600円近くもあるのも魅力だ。
としたが、1ヵ月余りで、これを更新したわけだ。来期予想1株利益は380.9円。やはり低PER銘柄は無敵ということだろう。

1月19日 16時09分記