現在のある株の株価が割安か割高か、この判断には、しっかりした物差しが必要です。
つまり株価理論です。
しかし、ほとんどの人が、こうした理論を持ちあわせず、かなり下げたからとか、証券マンが
薦めるからとかといった、いい加減な銘柄選択をしています。
いわゆるプロの人にしても大同小異です。

私は小学校高学年のころより株価に興味を持ち、予備校時代に実戦に乗り出して以降
日々、株価がどうして決定されるのかの研究に没頭し、実戦に十分使える
理論を考案、これに鎌倉理論と命名、銘柄選びに使っています。

鎌倉理論早わかり

株価は基本的に当該企業の利益(通常、今期予想1株利益を使う)によって決まる。
 
①最近は1株純資産がやけに重視され、1株利益が軽視される傾向が強いのは、嘆かわしい。
 1株利益を基本とする理論をPER理論、
 1株純資産を基本とする理論をPBR理論と、ここでは呼ぶ。
 PBR理論が、役に立たないことは、たとえば、ある企業が業績見通しを大きく
 変えた場合、BPS(1株純資産)は、ほとんど変わらないのに株価は大きく動く
 (上方修正なら上昇、下方修正なら下落)ことでも自明のことである。
 またPBR1倍(株価=1株純資産)未満は、あり得ないくらい株価が割安ということと
 説明されるが、平均PBRが東証1部で1.10倍、東証2部に至っては0.65倍という現状において、
 なんと空疎なことか。

②よってPER(株価の1株利益=EPSに対する倍率)の低い銘柄を、原則として
 買えばいい。

③1株利益には「実質1株利益」を使う

 利益は、土地売却益等の特別利益や退職金等の特別損失で本来のものより大きく
 膨らんだり縮んだりすることがある。こういう場合、こういう一過性の要素は
 排除した値=実質1株利益を使う。

④妥当PERは、個々の銘柄で違う

 東証1部全銘柄の平均PERが17倍として、ある会社のPERが10倍であっても
 直ちに割安と判断してはいけない。
 それは、業種、成長性、取り組み(信用取引の売り・買いの比率)等々により
 17倍より高く買っていい場合もあれば逆の場合もあるから。
多少なりと、ブログにも慣れてはきたものの、相場の先行きが、なお不透明。
良きタイミングでスタートしたいので、読者諸氏には、推奨銘柄(当然ながらカテゴリの
「株」で書きますので、ここで何かの銘柄に触れても、それには当らないことに御留意
されたし。鎌倉雄介、自らの実績には厳しくこだわる人間故。)の掲載については、
なおしばらくの御猶予を。

そこで本日は、特別公開

鎌倉雄介の現在のポートフォリオ(コード番号、銘柄名、仕込み価格)

①7728電産トーソク(790円~1200円程度。以下「程度」省略)(今日の終値1766円)
②3432三協立山(120円~130円)(111円)
③6346菊川鉄工(143円~159円)(158円)
④7877永大化工(110円~116円)(122円)
⑤5907JFEコンテナ(230円~250円)(215円)
⑥6215岡本工作(123円~132円)(126円)
⑦7957フジコピアン(97円~110円)(110円)
⑧2138クルーズ(48000円~65000円)(214000円)

主力銘柄のみあげてあります。
仕込み価格に幅があるのでお分かりのように、「分けて買う(売る)」のが
鎌倉理論の売買手法の基本であり、それに則っているわけです。
電産トーソクの700円台なんていつ?と思われるかもしれませんが、これは昨年11月5日に
はじめて買い、昨年末から本年初にかけて1000円前後で大量に仕込んだものです。
私の年賀状は何十年来「お年玉銘柄」付きですが、2010年のそれが電産トーソクで
信じて大発会で寄り付きで買った人は、確か1000円丁度で買えたはずです。

番号の若いものほど投入額が多いものです。
こういう投資成績にかかわることでは、都合のよいものだけ挙げる人が、往々にして
多いものですが、私は真実のみ語ることを心がけております。
「正義は時に敗れるが、真実は必ず勝つ」
これこそ鎌倉雄介が著書にも述べている、鎌倉理論の拠りどころとするところだからです。
かつてまだ株式投資が活気あふれていた2、30年ほど前、推奨銘柄の実績表なるものが
週刊誌や株式専門紙に時に載りましたが、ほとんどが、一部省略とか、不調になると
消滅とか、あやしいものでした。こうした時代、包み隠さず、完全な実績表を、最初から
最後まで掲載したのが、鎌倉雄介の『週刊SPA!』連載「破顔一笑株」でした。
私は愚直に、時価、目標値を掲げ、目標値達成を基準に勝敗を付けたのでした。
結果は58勝16敗。16敗といっても、これは目標値が高くて達成できなかったのが大半で
1円でも上がれば成功的姑息なやり方をしなかったのが大きいという、まあ言い訳を
お許しください。

住宅エコポイントで2011年5月期の業績に期待できる三協立山に期待しています。
期待度が大きすぎ、一部は利食ったものの、ごらんのように、今マイナス圏に沈んでいます。
今日配当権利落ち(無配予想が大勢ですが、多少の配当ー2円とか をする可能性5割と
みてます)しましたが、この後配当2円実施、2011年5月期は内窓絶好調で大幅増益 
なる発表で急騰 これが私の夢見るベストシナリオです。
果たしてどうなるか?
現時点では、推奨しませんが、読者諸氏は株価動向を注視されたし。

奇特な御仁の助けを借り、ブログを開設することができました。
とはいえ、ブログの運用等全くわからぬことだらけ、茫然自失状態です。

というわけで、本格スタートは8月くらいをと考えておりますが、かの宇宙人のような
無責任な約束ではなく、あくまで、わらわ個人の心づもり、希望と思われたし。
とりあえず、

鎌倉雄介のプロフィール

1947年新潟県長岡市生まれ
1971年早稲田大学政経学部経済学科卒業
同年、(株)平凡社入社 14年余にわたり百科事典の編集に従事。
一説に極度の偏食のため『太陽』編集部等への移籍が不可能のため、事典一筋の
希有な編集者人生を全うしたと言う。
その後、同社経営危機を受けての賃金3割引き下げで、マンションローン返済不能となり、
株の世界への転身を決意。たまたま読んでいた株式市場新聞の編集者募集広告を見て、
応募。合格。会社(市場新聞社)側は、出版分野での活躍を期待していたようだが、
株式の記者を希望し記者となる。月曜日初出社、木曜日より記事を書き始める。
その後、同社が子会社として市場新聞投資顧問を設立したのに伴い、初代社長に就任。
東京鉄鋼等の大ヒットで「当たり屋投資顧問」の評価を得る(「東京鉄鋼、ミネベア、井筒屋等
で連戦連勝の当り屋業界紙の投資顧問」と『オールチャート』1988年4月3日号にある)。
1988年秋以降は晴耕雨読の傍ら、『月刊現代』、『週刊SPA!』に連載、また『僕たちはこれで株の
プロになった』(嵐山光三郎編)、『鎌倉理論で株が見えた』、『4勝1敗の株』を出版。
バブル崩壊での下げで一敗地にまみれ、断崖に立たされる(先日花屋に寄ったら「断崖の女王」
なる迫力ある植物発見、身につまされ、これを求め現在栽培中)。
「すまじきものは宮仕え」という駿台時代の恩師の言葉脳裏よぎるも、しばらく塾、予備校の
国語講師で糊口を凌ぐ。
本人独白 一応これで曲がりなりにも、百科事典編集者、相場師、国語教師というやってみたい
三ジャンル制覇。
1990年代の終わりから徐々に、株式投資再開、鎌倉理論に磨きをかけ、かつてに優るとも劣らない
成果を上げている。現在は週日はデイトレーダー、週末は山梨県道志村で野良作業(主に野菜・果物作り
だがイノシシの襲来に成果は悲惨)、川遊びという生活。

私事ながら(これまでのも、よく考えれば、いや何も考えなくとも全部私事だったが)、
鎌倉雄介、2003年12月8日、午前5時心筋梗塞発症、胸の苦しみ覚えつつも、いつも通り、株式投資、
前場終了、なお痛み治まらず、よろよろと胸抑えつつ車をころがし近くの聖テレジア病院へ。
即心筋梗塞の診断で救急車で湘南鎌倉総合病院へ搬送、手術、辛くも一命を取り留める。
7時間も放置した咎で心臓の3分の1が壊死。しかし9日も病院の公衆電話より、株の注文発注
(信用買いの期日も次々到来するという状況下にあった)、以降、ときどき胸は痛むが、頭脳
冴えわたり株三昧という次第。

かくなる上は、多少なりとも、わが才能を世の恵まれない人、貧窮に苦しむ人、株式投資の
才なきを嘆く人の役に立てんと、このブログを立ち上げた(正確には立ち上げてもらった)という
わけである。
「これからは世間に恩返し」とか言いながら、しっかり金儲けをしている御仁が、よくおられる。
しかし、わらわは別に恩返しをするも何もないが、お金は何とかなっていることでもあり、
本当に無料で、しかも最新の情報というか推奨銘柄を提供していく所存です。
こういうサイトは、ほとんどないと思いますが、そういう意味では鎌倉雄介、普通の人間ではなく
一風変わった人間なれば、邪心なく、ただ上がる銘柄をお教えしたい一心でこのブログを運用
する所存。実績をチェックして、信頼に値すると思われたら、なにとぞご利用されたし。